株のお悩み相談室

株式投資で「利益」が出たときには、確定申告は必要でしょうか?

読者からのお悩み

昨年から株式投資を始めて、儲けることができました。確定申告をしたほうがよいのでしょうか?

管理人ひっきーからの回答

結論から言いますと、利益が出た場合に確定申告するかどうかは、証券口座の種類によって異なります。口座開設するときに、「一般口座」か「特定口座」を選ぶことができますが、一般口座のほうは確定申告が必要です。一般口座の場合は、証券会社が税金の計算をしてくれないので、自分で税金を計算する必要があります。

一方、特定口座を選んでいる場合は、証券会社が税金の計算をしてくれますが、さらに選択肢があり、「①源泉徴収あり」と「②源泉徴収なし」に分けられます。「源泉徴収あり」を選ぶと、利益確定をした時点で、利益の中からあらかじめ納税分を引かれることになります。さらに納税の代行までしてくれるので、特に何もすることがありません。「源泉徴収なし」を選ぶと、納税の計算はしてもらえるものの、自分で確定申告する必要があります。

特定口座と一般口座の課税の仕組み

(出典:SMBC日興証券

まとめますと、「特定口座-源泉徴収あり」を選んでいる人は、特に何もする必要はありません。一般口座を選んでいたり、特定口座でも源泉徴収なしを選んでいたりする人は、確定申告をおこなってください。もし、複数の口座で株取引をおこなっていて、一方で損失を出して、他方で利益が出た場合は、確定申告することで、両者の損失と利益を相殺できるので、税金を減らすことができます。

なお、確定申告の受付期間は、利益確定した翌年の「2月18日~3月15日(2019年の場合)」となっています。納税に関してご不明な点がある場合は、最寄りの税務署でご相談ください。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

管理人ひっきーのプロフィール

・投資歴14年の株初心者アドバイザー
・2005年からの投資成績+2億円突破
・ファイナンシャルプランナーの資格あり

株 - 初心者へ戻る

【株初心者のお悩み】

  1. 株式投資をする前に
  2. 株の売買