株のお悩み相談室

資産配分を決めるときに、投資信託で株式の割合はどのくらいが最適ですか?

読者からのお悩み

投資信託のポートフォリオを組むときに、「リターンの大きい“株”とリスクが低い“債券”を組み合わせましょう」、というのを良く聞きます。具体的には、どのくらいの割合で組み合わせたら良いのでしょうか?

投資信託ひっきーからの回答

投資信託の資産配分で、一つの目安となる計算式があります。

「100 - 自分の年齢 = 株式の割合」

例えば30歳ですと、「100 - 30 = 70」なので、「70%株式:30%債券」です。若い人は、その後の運用期間も長いので、一時的に株が下がったとしてもリカバリーに期待ができます。そのため、リスクの高い株式の比率を多めにします。

50歳ですと、「100 - 50 = 50」なので、「50%株式:50%債券」です。リスクの高い株式を減らして、安定性の高い運用にシフトしていくと良いでしょう。

今回は、“100”から年齢を引きましたが、「人生100年時代」と言われるように、平均寿命が延びているため“120”から引く計算方法もあります。

30歳ですと、「120 - 30 = 90」で「90%株式:債券10%」ですね。先ほどと比べて運用期間が延びているので、リスクが高くなっています。自分の資産形成のゴールに応じて、どちらかの計算方法を選んでください。

★この方法は“絶対”ではないので、ご自身の人生計画に合わせて微調整しましょう。投資をはじめる時や、資産配分を見直す時の目安として覚えておくと便利です。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

投資信託ひっきーのプロフィール

・投資歴14年の株初心者アドバイザー
・2005年からの投資成績+2億円突破
・ファイナンシャルプランナーの資格あり

投資信託へ戻る