日経CNBCとは?無料視聴する4つの方法も紹介

日経CNBCとは?無料視聴する4つの方法も紹介

担当:やさしい株のはじめ方編集部

担当・やさしい株のはじめ方編集部

最終更新日:2021年9月7日

日経CNBCとは、日本経済新聞社とアメリカのニュース専門放送局CNBCが、共同で立ち上げたマーケット・経済専門のチャンネルです。日本・アメリカのマーケット情報や、上場企業・IPO企業の社長にインタビューする番組など、投資家にとって役立つコンテンツがたくさんあります。

基本料金は月額990円(税込)です。年間にすると11,880円(税込)と安くない出費ですが、実は無料視聴する方法もあります。詳しく知りたい方は、このコラムで紹介しているので、ぜひご覧ください。日経CNBCのコンテンツ内容もかんたんに紹介しています。

日経CNBCのコンテンツ内容

日経CNBCのトップページ

(出典:日経チャンネルマーケッツ

日経CNBCは、マーケットの動向を実況中継する番組や、上場企業の社長からIR情報を聞く番組など、投資に役立つ情報が視聴できる、動画配信サービスです。

視聴できる番組の一部を、次の表にまとめてあるので、参考にしてください。

番組名(放送時間) 番組の概要
朝エクスプレス(毎日8:15~) 9時の東京市場の寄り付き前に、前日の振り返り、当日のマーケット予測などを速報する番組。
昼エクスプレス(毎日12:25~) 東京市場の後場寄り付き前に、前場で注目を集めた個別銘柄などを分析、解説する番組。
ラップトゥデイ(毎日14:45~) 当日のマーケットで起こったこと、前日からの変化など、1日のマーケットを総括する番組。
トップに聞く!※1 上場企業の社長に、事業展開や成長戦略をインタビューする番組。
IPO社長に聞く!※2 IPO(新規株式公開)企業の社長に、事業展開や成長戦略をインタビューする番組。

※1 不定期で朝エクスプレス内に放送

※2 不定期で昼エクスプレス内に放送

「トップに聞く!」では、アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長やスギHD(7649)の杉浦社長、「IPO社長に聞く!」ではココナラ(4176)の鈴木社長やi-plug(4177)の中野社長など、大物の出演歴もあります。

日経CNBCは、日経IDを発行し「日経チャンネルマーケッツ」に登録することで視聴できます。また、下記の「放送・動画配信サービス」でも視聴できるので、普段利用しているものがあれば、そこから視聴してみてください。

  • Amazonプライムビデオ
  • ニコニコ生放送
  • スカパー!オンデマンド
  • J:COMオンデマンド
  • Pravi(パラビ)

いずれのサービス※3も、基本料金は月額990円(税込)です。

※3 Pravi(パラビ)のみ月額1,017円(税込)

年間にすると11,880円(税込)と多めの出費になってしまうので、登録の判断は慎重にしたいです。そこで、日経CNBCを無料で視聴する方法を紹介します。

無料視聴できる期間やコンテンツに制限はありますが、無料でお試し視聴できるのはうれしいです。興味がある方は、次の項目で紹介するので参考にしてください。

日経CNBCを視聴する4つの方法

日経CNBCを無料で視聴する方法を、4つ紹介します。

1.日経チャンネルマーケッツ【最大1か月無料】

日経CNBC無料

(出典:日経チャンネルマーケッツ

日経チャンネルマーケッツは、日経CNBC専門の動画配信サービスです。基本料金は月額990円(税込)ですが、登録をした日から、その月の月末まで無料になります。そのため、登録するならなるべく月のはじめにしましょう。

コンテンツは過去の放送も含めて、すべて無期限で配信されています。1か月無料で視聴してみて、満足できる内容であれば継続、できなければ退会と、あらかじめ決めてから登録してみてください。

2.Amazonプライムビデオ【2週間無料】

プライムビデオ日経CNBC無料

(出典:Amazon

Amazonプライムビデオの「日経CNBCプラス」は、日経CNBCと同じコンテンツを、プライムビデオ内で視聴できるサービスです。登録してから2週間無料で視聴できるので、まずはお試しで登録して、継続するかしないか判断しましょう。

ただし、別途プライムビデオの基本料金、月額500円(税込)が発生するので、すでにプライムビデオ会員の方や、プライムビデオにあるほかのコンテンツにも興味がある方以外は、ほかの無料視聴の方法がおすすめです。

3.Paravi(パラビ)【2週間無料】

Paravi無料

(出典:Paravi

Paravi(パラビ)は、人気ドラマや映画、バラエティやアニメなど、さまざまな番組を視聴できる動画配信サービスです。Paravi(パラビ)では、日経CNBCにある複数のコンテンツのうち、ひとつのコンテンツのみ視聴できます。視聴できるのは「マーケットエクスプレス」という、1日のマーケットの動きをかんたんに総括している番組です。

登録してから2週間無料で、Paravi(パラビ)にあるすべてのコンテンツを視聴できます。無料期間が終了した後は、Paravi(パラビ)の基本料金、月額1,017円(税込)のみで「マーケットエクスプレス」も視聴できます。

4.SBI証券【一部コンテンツのみ無期限で無料】

SBI証券日経CNBC無料

(出典:SBI証券

最後は系統が違うサービスの紹介になりますが、唯一、無料期間に期限がないサービスです。SBI証券は国内のネット証券大手で、720万口座も開設されています。国内の証券会社の中では、もっとも口座開設数が多いです(2021年9月現在)。

※SBI証券単体の口座数は非公開なので、SBIグループ全体の口座数を記載しています。

日経CNBCで配信されている、一部コンテンツの最新回のみ無料で視聴できます。口座開設は不要なので、気軽に視聴してみてください。視聴できるのは、次の番組です。

番組名 概要
朝エクスプレス 前日の市場の振り返り、当日の相場見通し
昼エクスプレス 後場の焦点・寄り付き情報、大引けの解説
日経ヴェリタストーク 投資金融情報誌「日経ヴェリタス」と連動し、有名コメンテーターによる独自の切り口で分析した投資情報
コメンテーター解説 今後のマーケットを読み解く材料や投資のヒントを提供

※番組内の一部のみ視聴できます。

日経CNBCにある番組の中で、株式投資の情報収集に必要な番組は、ある程度揃っています。

日経CNBCの視聴のみなら口座開設は不要ですが、SBI証券は手数料が最低55円(税込)と安く、投資ツールが豊富です。また、IPOチャンレンジポイントでIPOに当選しやすいなど、投資家にとってうれしい機能・サービスが揃っています。

さらに、当サイト限定のタイアップ企画を実施しており、口座開設をして一定の条件を満たせば、現金2,500円がもれなくプレゼントされます♪期間限定ではありますが、無料で手に入りますので、SBI証券に口座開設を考えている方は、ぜひ手に入れてください(オリジナルレポートの詳細はこちら)。

SBI証券タイアップ企画

SBI証券の機能やサービスについては、「SBI証券」の記事で詳しく紹介しています。

4.まとめ

日経CNBCは、日本・アメリカのマーケット情報を収集できるだけでなく、上場企業・IPO企業の社長にインタビューする番組の配信など、見応えのあるコンテンツも多数揃っています。

無料視聴できる期間やコンテンツに制限があるものの、無料で視聴する方法は4つあります(2021年5月現在)。まずはお試しで無料視聴してみて、必要と判断したら登録してみてください。

この記事の執筆者

やさしい株のはじめ方編集部
「株初心者の方に株式投資をわかりやすく理解していただく」をモットーに、記事を執筆しています。当サイトを見て、少しでも“勉強になった”と思っていただければ幸いです。

Twitter「@yasakabu」でも情報発信中です!