楽天証券を活用して、日経新聞を無料で読む裏ワザをご紹介!

楽天証券を使って日経新聞を“無料”で読む裏ワザ

iSPEEDで日経の記事が閲覧できる

あまり広く知られていませんが、実は楽天証券の口座を開設するだけで、日本経済新聞を無料で読むことができます

日本経済新聞(以下、日経新聞)は、経済に関わる情報を効率良く得られるツールとして、多くの投資家に愛されている定番の新聞です。購読中の人も、購読するか迷っている人も、気になるのはやはり毎月かかる料金ではないでしょうか?日経新聞は宅配で月額4,900円、電子版で月額4,200円と、毎月まとまったお金が必要です。投資に必要な経費とはいえ、継続的に支払うとなると、かなり大きな金額です。

そのような悩める投資家の救世主となるのが、楽天証券版『日経テレコン』です。楽天証券の口座を持っているだけで、スマホやパソコンから、日経新聞の情報が無料で読めてしまいます!

日経テレコンとは、日本経済新聞社がおこなっているビジネス情報サービスです。日経新聞以外にも750以上の媒体を読むことができます。本来は有料サービスですが、楽天証券版は閲覧できる媒体を日経新聞などの一部媒体に絞り込む代わりに、無料で提供をしてくれているのです。

利用料金を比較!年間「50,400円」も節約できます

「楽天証券版の日経テレコン」、「日経新聞」、「日経テレコン」の3種類の利用料金を比較してみましょう。

  楽天証券の日経テレコン
(日経新聞 電子版)
日経新聞 電子版
(下段:新聞紙)
日経テレコン
月額 0円 4,200円
(4,900円)
8,640円
+記事代金
年額 0円 50,400円
(58,800円)
103,680円
+記事代金

※税込み価格

上の表を見れば一目瞭然ですね。日経新聞だけを読むなら、楽天証券版の日経テレコンサービスが圧倒的にお得です。このサービスを使うことで、日経新聞(電子版)を購読した場合と比べると、月額4,200円、年額50,400円も節約することができます!つまり、年間約50,000円を投資資金に回せるということです。

ちなみに、本家の日経テレコンは、基本料金が毎月8,640円+初期費用17,280円がかかる上、それぞれの媒体の利用時に情報利用料金が発生します。どちらかというと企業向けのサービスなので、個人で使うのはあまり現実的ではありません。

楽天証券版「日経テレコン」でできること

楽天証券版「日経テレコン」では、以下の記事が読めます。

  • 日本経済新聞(朝刊・夕刊)
  • 日経産業新聞
  • 日経MJ(流通新聞)
  • 日経地方経済面

上記の新聞記事を、過去1年分までさかのぼって検索できます。「日経速報ニュース」も読めるので、新鮮な情報もしっかりキャッチできます。

「見やすさ」や「機能性」は?

楽天証券版の日経新聞は、すべて無料で読める代わりに、「見やすさ」や「機能性」は、あと一歩です。主に、下記2点が日経新聞(電子版)と比べて、やや劣る部分です。

  • 直近3日分の新聞しか読めない
  • 記事が文章だけのシンプル構成

楽天証券版「日経テレコン」では、日経新聞が直近3日間分しか読めません。通常の日経新聞(電子版)では、3か月前まで読み返すことができるので、この点はデメリットと言えるでしょう。ただ、【記事検索】機能を使えば、1年前までの関連記事を探して読むことができるので、こちらである程度カバーはできます。

読みやすさの観点でいうと、日経新聞(電子版)には、“新聞紙”を読んでいるような感覚で記事をチェックできる、『紙面ビューアー』という機能があります。楽天証券版「日経テレコン」にも、簡易的な紙面ビューアーは用意されていますが、記事ごとにPDFを開いて読む必要があります。これを毎回おこなうのはちょっと手間です。

基本的な使い方としては、メインで用意されている文章のみの記事を読み進めて、気になる記事だけ、PDFで画像や図解をチェックする流れになります。

<楽天証券版の日経新聞 記事一覧(スマホ画面)>

記事一覧(スマホ画面)

<楽天証券版の日経新聞 記事(スマホ画面)>

記事一覧(スマホ画面)

必要なものは「楽天証券の口座」と、取引ツール「iSPEED」もしくは「マーケットスピード/マーケットスピードⅡ」のみ

楽天証券で日経新聞を読むには、まず楽天証券の口座を開設している必要あります。まだ口座を開設していない人は、楽天証券の公式ホームページから、口座開設をおこなってください。口座開設の手順がわからない人は、下記のページを参考にしてください。実際の画像付きで、やさしく紹介しています。

楽天証券の口座開設サポートページ

楽天証券版「日経テレコン」は、スマホ・パソコンの両方で使えます。スマホの場合は株取引アプリ「iSPEED」、パソコンの場合は株取引ツール「マーケットスピードⅡ(またはマーケットスピード)」が必要です。スマホの場合は元々無料で使えましたが、パソコンでも“2019年6月24日”から完全無料で使えるようになりました!これはかなりうれしいですね。

楽天証券で日経新聞を読むまでの、具体的な手順を紹介!

スマホ・パソコンそれぞれの手順を、実際の画像付きでわかりやすく紹介します。まずはスマホの手順から見ていきましょう。

スマホで日経新聞を読む方法

※あらかじめ、アプリ(iSPEED)のインストールが必要です。インストール手順は、「楽天証券のアプリで株取引!」で紹介しているので、参考にしてください。iPhone、Androidに対応しています。

1.「iSPEED」を開いたら、ご自身のログインIDパスワードを入力し、『ログイン』をタップしてください。

iSPEEDにログイン

2.画面右下の『メニュー』アイコンをタップしてください。

メニューをタップ

3.【マーケット】欄にある『日経テレコン』ボタンをタップしてください。

「日経テレコン」ボタンをタップ

4.「日経テレコン(楽天証券版)ご利用許諾条項」に目を通し、『同意する』をタップしてください。

利用許諾条項に同意する

5.日経テレコンのニュース画面が出ますので、右上のメニューアイコン(横3本線)をタップして、『きょうの新聞』を選んでください。

メニュー内の「きょうの新聞」をタップする

6.画面上部に、日付と媒体名(新聞の種類)が表示されています。媒体名が日本経済新聞朝刊になっているか、確認してください。今回は、他の媒体になっていると仮定して、変更をしてみます。媒体名の右側にある『変更』ボタンをタップしてください。

媒体の変更ボタンをタップ

7.媒体のリストが並んでいますので、『日本経済新聞朝刊』をタップしてください。

日本経済新聞(朝刊または夕刊)をタップ

8.その日の、日経新聞朝刊の記事一覧が、カテゴリーごとに分かれて表示されます。見たい記事にチェックを入れて、画面下に出てくる『本文を表示』をタップすると、選んだ記事を連続で読むことができます。カテゴリー内の記事をすべて見たい場合は、カテゴリーにチェックを入れてください。記事一覧にあるPDFアイコンをタップすると、簡易的な紙面ビュアー画面に移るので、こちらも興味があれば試してみてください。

読みたい記事をタップ

パソコンで日経新聞を読む方法

1.楽天証券にログインをしてください。ログイン後、画面右上にある『設定・変更』アイコンにカーソルを合わせると、各項目が表示されます。その中から『取引ツール・有料情報申込』をクリックしてください。

設定・変更>取引ツール・有料情報申込

2.取引ツールの利用申込画面が表示されますので、マーケットスピードの【申込状況】欄にある『申込』ボタンをクリックしてください。

マーケットスピードに申し込みをする

3.マーケットスピードの利用規定に目を通したら、『同意する』をクリックしてください。

利用規定に同意します

4.取引暗証番号を入力し、『申請』ボタンをクリックしてください。
※下の画面は利用期間3ヶ月となっていますが、2019年6月24日以降は無期限になりました(1年後に自動更新)。

マーケットスピードの利用申請

5.これで、マーケットスピードの利用申請が完了しました。

マーケットスピードの利用申請完了

6.取引ツール「マーケットスピードⅡ」をダウンロードしてください(日経テレコンはマーケットスピードⅡから見られます)。ダウンロードは、トップページの右側にある「トレーディングツール欄>MARKETSPEED Ⅱ」からおこなえます。今回、ダウンロード手順は省略します。

マーケットスピードⅡを起動するとログイン画面が出ますので、ログインIDパスワードを入力し、『ログイン』をタップしてください。

ログイン情報を入力

7.左メニューの『ニュース』をクリックして、その下にある『日経テレコン21』をクリックしてください。日経テレコン(楽天証券版)の利用許諾条項が表示されるので、目を通したら『同意する』をクリックしてください。

利用許諾条項に同意する

8.画面上部の『きょうの新聞』をクリックしてください。

読みたい記事をタップ

9.その日の、日経新聞朝刊の記事一覧がカテゴリーごとに表示されます。見たい記事にチェックを入れて、画面上部の『本文を表示』をタップすると、選んだ記事を連続で読むことができます。「一面」や「総合・経済」など、カテゴリー内の記事をすべて見たい場合は、カテゴリーにチェックを入れて『本文を表示』をクリックしてください。

読みたい記事をタップ

いかがでしたか?今回は、日経新聞を無料で読む裏ワザについてご紹介しました。楽天証券の口座を開設するだけで、誰でも手軽に日経新聞の情報を得ることができます。特にこれから投資をはじめる人は、日経新聞を契約する前に、まずはこちらの無料サービスを試してみてくださいね。