スマホでSBI証券に口座開設

スマホでSBI証券に口座開設!

まずはじめに、スマホでSBI証券に口座開設する手順を見ていきます(①口座開設→②入金→③株取引の手順です)。実は、パソコンから口座開設するよりも簡単です!マイナンバーや証明書などの画像を提出をするときに、スマホのカメラを使えば簡単にアップロードできるからです。(パソコンの場合、スマホで写真を撮ったあとに、画像をパソコンへ送る手間がかかります)。最短1~2営業日で取引ができます♪

それではさっそく、SBI証券の公式ホームページを開いて口座開設を進めていきましょう!

1.まずはじめに、こちら(SBI証券の口座開設ページ)をタップしてください。
スマホ向けページを表示するか聞かれるので、『OK』をタップします。

『OK』をタップ

2.スマホ向けのページが開いたら、画面下にあるボタン『口座開設はこちら(口座開設料無料)』をタップします。

口座開設のトップ画面

3.口座開設フォーム画面が出てきます。
口座開設方法を3種類の中から選びます。『WEBアップロード』が便利なので、今回はこちらで進めていきます。『必要書類を今お持ちの方(WEBアップロードで開設)』をタップしてください。

マイナンバー提出方法の選択画面

4.アップロードする書類の組み合わせを、A~Cの中から1つ選んでください。今回は例として、組み合わせBの「マイナンバー(通知カード)」 +「顔写真付本人確認書類1点」で進めていきます。

マイナンバー提出画面

5.必要書類をアップロードします。
まず、通知カードの『タップで画像ファイルを選択 またはカメラを起動する』をタップしてください。下からメニューが出てきますので、提出するマイナンバー書類の写真を“まだ撮っていない方”は『写真を撮る』を、“あらかじめ撮ってある方”は『フォトライブラリ』をタップしてください。画像はオモテ面のみでOKです。

そのまま下にいくと、同じようなアップロード画面が2つ出てきます。先ほどと同じ手順で、本人確認書類の“オモテ面”と“ウラ面”をアップロードしてください。指定された写真をすべてアップロードしたら、『次へ進む』をタップしてください。
※こちらはiPhoneの画面ですが、Androidでも同じような選択肢が出てきます。

マイナンバー提出画面

6.個人情報の入力画面が出てきます。
画面にしたがって必要事項を入力し、『次へ進む』をタップしてください。

マイナンバー提出画面

7.引き続き、個人情報を入力します。
途中に【特定口座】という項目がありますが、ここは『特定口座を開設する(所得税・地方税(住民税)の源泉徴収を選択する)』を選んでおくと便利です。こちらを選ぶと、自分の代わりに証券会社が税金(確定申告)の手続きを代行してくれます。
(参考ページ:株にかかる税金

【つみたてNISA・NISAの申し込み書類請求】欄は、SBI証券でNISA口座を開きたい人のみ『申し込む』にチェックを入れます。NISA口座とは、年間120万円までの投資が非課税になる制度のことです。※NISA口座はすべての金融機関のうち、1人1つしか作れません。(参考:NISA(ニーサ)とは?

【住信SBIネット銀行の新規口座開設申込書類請求】欄は、住信SBIネット銀行の口座開設をして、SBI証券と連携(SBIハイブリッド預金)することで、大手銀行の2倍の金利(0.01%)を受け取ることができます。さらに、預かり金自動スウィープサービスによって、残高がSBI証券口座にも反映されるので、証券口座にお金を移動する手間がなくなります。
興味がない方は、『申し込む』からチェックを外しておけばOKです。

最後に『次へ進む』をタップしてください。

個人情報の入力画面

8.規約や重要書類の確認画面が出てきます。
書類2つを確認し、画面にしたがって3ヶ所にチェックを入れてください。完了したら『次へ進む』をタップします。

個人情報入力画面と特定口座など申込画面

9.入力内容の確認画面が出てきます。
入力内容に間違いがないか確認したら、『口座開設を申し込む』をタップしてください。

規約や重要書類の確認画面

☆口座開設お疲れさまでした☆

以上でスマホによる口座開設手続きは完了です!思ったよりもサクサク進めたのではないでしょうか?
口座開設申込が完了しましたら、最短で翌営業日にログイン情報が書かれている書類が届きます。次のページでは、ログインをして証券口座にお金を入れる手順をみていきます。

【SBI証券を使ってスマホでの株取引を学ぼう】(パソコンでの手順はこちら
目次口座開設入金買い注文売り注文出金