株のお悩み相談室

外食・小売りの株に投資をするコツはありますか?

読者からのお悩み

ひっきーさんは、「初心者はわかりやすい外食小売りの業種に投資をするのがよい」とおっしゃっていますが、具体的に、外食・小売りの株に投資をするコツはありますか?

管理人ひっきーからの回答

以前にいただいたご質問「株を選ぶ基準を教えてください」で、外食や小売りは、ビジネスモデルがわかりやすいと回答しました。「外食株」の会社のイメージとしては、マクドナルド吉野家すかいらーくなどです。「小売り株」のイメージとしては、イオンニトリ良品計画(無印良品)などを想像してください。

外食や小売りの業種が、なぜわかりやすいかと言えば、まず、「①身近に店舗があるから」です。実際に店舗に足を運んで、自分の目で商品をチェックすることができることは大きいです。お客さんの入りもわかりますね。「以前は混んでいたのに、最近すいているなあ」と感じれば、それは不調の予兆かもしれません。

さらに、「②データ上もわかりやすい」です。外食や小売りは「月次(げつじ)」と呼ばれる、毎月の決算のようなものを出す会社も多いです。これは、昨年と比べて今年の調子がどうかを示す指標で、既存店売上高(青枠)と全店売上高(赤枠)があります。

月次データ

(企業ホームページの「IR情報」から確認できます)

新規オープンしてから1年前後経過した店舗のことを「既存店(きそんてん・きぞんてん)」と言い、既存店における売上高を既存店売上高と言います。また、1年以内に新規オープンしたお店を含めた場合は「全店」と言い、全店における売上高を全店売上高と言います。

両者の使い分けですが、既存店売上高を見ることで、その会社の素(す)の実力がわかります。100%を基準にして、100%を切ってくると黄色信号と見てください。なぜなら、昨年の売上を今年は達成できていないことを示すからです。100%切ることが常態化してくると、これは赤信号に近いです。十分に気を付けてください。

また、全店売上高は、新規オープン分も含まれるので、会社全体の勢いを知るのに役立ちます。会社の方針(成長・出店の意欲)にもよりますが、全店では数字が下がってきていないかチェックしてください。高い位置で安定している会社は、よい会社と私は考えています。数字をじっと見ていても判断がつきにくいので、グラフにしてみると傾向がよくわかります。

★安心して投資を継続するためには、投資先のことをしっかりと知る必要があります。「何をやっているかわからないけど、なんか儲かりそうだから投資しよう!」と考えると、支えとなるものがないので、株価変動に思考が左右されてしまい、“握力”が強くなりません。握力というのは、その株を持ち続ける力のことです。自分が理解できるビジネスモデルで、どこで利益が出ているのか、わかりやすい会社に投資をしましょう。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

管理人ひっきーのプロフィール

・投資歴14年の株初心者アドバイザー
・2005年からの投資成績+2億円突破
・ファイナンシャルプランナーの資格あり

株 - 初心者へ戻る

【株初心者のお悩み】

  1. 株式投資をする前に
  2. 株の売買