株のお悩み相談室

「配当落調整額」は、配当とは違うものですか?

読者からのお悩み

信用取引で買った株(信用買い)で、権利付き最終日を迎えたところ、配当ではなく、「配当落調整額」を受け取りました。配当落調整額とは、配当金とは違うものでしょうか?

管理人ひっきーからの回答

結論から言いますと、配当落調整額(配当落調整金とも言う)は配当金とほぼ同じ考えで大丈夫です。信用取引で買った株(買建)が保有したまま、権利付き最終日を迎えると、配当落調整額を受け取ることになります。

もらえる金額は配当金と同じですが、配当は「配当所得」と言う区分になるのに対して、配当金調整額は「譲渡所得(売却益)」に分類されます。信用取引では株主としての権利がないために、このような処理がおこなわれます。配当の税率は20.315%(所得税+復興特別所得税+住民税)に対して、配当落ち調整額は15.315%(所得税+復興特別所得税)となります。

  税区分
(税率)
株式などの
譲渡損との通算
配当控除
配当金 配当所得
20.315%
できる 対象
配当落調整額 譲渡所得
15.315%
できる 対象外

また、逆に信用取引で空売り(信用売り)をおこなっている状態で、権利落ち最終日を迎えた場合は、配当落ち調整額を支払う必要があります制度信用取引の空売りでは税金分(20.315%)を引いた、「配当金×84.865%」を支払う必要がありますが、一般信用取引の空売りでは、配当金の100%を支払うルールとなっているので注意してください。一般信用取引の空売りは、「株主優待のクロス取引」でよく使われますよね。

<空売り時(売建)に権利付き最終日をまたいだとき>

  税金 税区分
制度信用取引 配当×84.865%支払う 譲渡所得(売却損)
一般信用取引 配当の100%支払う 譲渡所得(売却損)

配当と似たようなもので、貸株時に配当の権利を得たときにもらえる、「配当金相当額」もまぎ紛らわしいので、あわせて覚えておきましょう。

※税金に関するお問い合わせは、ご質問いただいても個別にお答えできませんので、最寄りの税務署などにお問い合わせください。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

管理人ひっきーのプロフィール

・投資歴14年の株初心者アドバイザー
・2005年からの投資成績+2億円突破
・ファイナンシャルプランナーの資格あり

株 - 初心者へ戻る

【株初心者のお悩み】

  1. 株式投資をする前に
  2. 株の売買