割安性とは?

割安性とは?

担当・西尾

株式投資で大事なことは、「株を安く買って、高く売ること」です。そして、買うときの値段が安ければ安いほど、大きな利益を手に入れることができます。そのために必要なのが、今回解説する「割安性」という考え方です。

割安性とは、「企業が本来持っている価値よりも、安い価格が付いている可能性」のことです。株式投資の目的は、株価の値上がり益を狙うことです。そして、値上がり益には、企業の成長に合わせた株価上昇によって得られるものと、バーゲンセール状態の株価が、適正な株価まで戻る際に得られるものがあります。

成長性が高い企業を、一時的なバーゲンセール状態(=割安性が高い状態)で買うことができれば、株価の値上がり幅が広がります。この点で、割安性は株式投資に必要な条件のひとつだと言えるでしょう。

割安性が高い企業に投資する「メリット」

割安性が高い企業に投資するメリットは、適正な株価になるまでの値上がり益が狙えることです。冒頭でも説明したとおり、割安性が高い状態というのは、お店のバーゲンセールに似ています。企業が本来持っている価値は変わらないのに、付いている値段だけ安くなっているのです。

ここで、株価に関する大事な法則をご紹介します。それは、「株価は長い目で見ると、企業価値に収束する」というものです。つまり、一時的に割安な株価が付くことがあるものの、いずれは本来の価値に戻るということです。そのため、割安性が高い企業に投資しておけば、適正株価までの値上がり益が手に入ります。

割安性が高い企業に投資する「デメリット」

反対にデメリットは、バリュートラップに引っかかるかもしれないことです。バリュートラップとは、割安な銘柄が割安なまま放置されることをいいます。いつまでたっても株価が適正株価に戻らないということですね。

株式市場を見渡してみると、ずっと割安なまま放置されている企業がいくつもあります。建設業や不動産業、総合商社などに多いイメージです。このような業種は、成長が頭打ちになっていたり、景気後退局面になったときに業績が悪くなると考えられていたりする業種です。つまり、投資家の期待が低い業界ですね。

割安性の高い企業に投資する際は、投資家の期待が高いのに、一時的に割安になっている企業を探すのがポイントです。

優秀な無料ツールで、割安性の高い企業を見つけよう!

割安性の高い企業を見つけるには、指標を使って分析する必要があります。今回は、業績分析に役立つ、マネックス証券の『銘柄スカウター』と、GMOクリック証券の『財務分析ツール』を使って、割安性を分析する方法をご紹介します!これらは、証券会社に口座開設するだけで無料で使えます。

割安性の分析で使う指標は、「①PER」、「②PBR」、「③理論株価」の3つです。物語コーポレーションを例に、指標の見方を説明していきます。

①PER(株価収益率)

利益から見た株価の割安度を計る指標です。PERの数字が小さいほど割安、大きいほど割高となります。PERの計算式は、下のとおりです。

PER=株価÷1株あたり純利益

式はシンプルなのですが、「1株あたり純利益」を計算するのが少し厄介です。なぜなら、純利益を発行済株式数で割らないといけないからです。しかし、マネックス証券銘柄スカウターでは、PERが表示されているので便利です!

PER

(出典:マネックス証券の銘柄スカウター)

このように、ツールを使うとかんたんにチェックできるPERですが、ひとつの企業だけを見て判断するべきではありません。おすすめは、以下の手順を踏むことです。

  • (1)日経平均のPERと比べる
  • (2)業界平均のPERと比べる
  • (3)競合企業のPERと比べる

まずは、日経平均のPERと比べてみましょう。日経平均のPERは、日本経済新聞社の「国内の株式指標」でチェックできます。2019年6月20日現在、日経平均のPERは12.4倍なので、PER18.4倍の物語コーポレーションは割高だと言えます。

比較対象 PER 評価
物語コーポレーション
(3097)
18.5倍 割高
日経平均株価 12.4倍

続いて、業界平均のPERと比べてみましょう。業界平均のPERは、JPXの「規模別・業種別PER・PBR(連結・単体)一覧」で確認できます。飲食店が含まれる小売業の業界平均PERは21.9倍なので、PER18.4倍の物語コーポレーションは割安だと言えます。

比較対象 PER 評価
物語コーポレーション
(3097)
18.5倍 割安
小売業の業界平均 21.9倍

最後に、競合企業のPERと比べてみましょう。会社四季報の比較対象企業のPERを並べると、下の表のようになります。

比較対象 PER 評価
物語コーポレーション
(3097)
18.4倍 適正
水準
あみやき亭
(2753)
15.4倍
ブロンコビリー
(3091)
20.6倍

競合企業と比べると、物語コーポレーションはちょうどあみやき亭とブロンコビリーの中間に位置していることがわかりますね。競合と比べると、割安感も割高感もないといった感じでしょうか。

総合的に考えると、日経平均と比べると割高感はあるものの、業界内や競合と比べれば割高でも割安でもないといえます。このように、PERを使って割安性を判断していきます。

 

※PERについては、PERを知るでも詳しく説明しています。

②PBR(株価純資産倍率)

企業が持っている純資産から見た株価の割安度を計る指標です。PBRの見方もPERと同じで、数字が小さいほど割安、大きいほど割高ですが、PBR1倍以下が割安というのが一般的に使われる基準となります。これは、企業の1株あたりの純資産価格よりも、株価が安い状態です。

PBRの計算式は、下のとおりです。

PBR=株価÷1株あたり純資産

こちらも自分で計算する必要はなく、マネックス証券銘柄スカウターでかんたんに入手できます。

PBR

(出典:マネックス証券の銘柄スカウター)

物語コーポレーションのPBRは2.97倍でした。割安判断の基準となる「PBR1倍」よりも高いため、PBRで見た場合は割高だと判断できます。

※PBRについては、PBRを知るでも詳しく説明しています。

③理論株価

企業が本来持っている価値を、株式数で割ったものです。かんたんに表すと、企業の業績予想から計算した3つの価値(資産・利益・成長)の合計となります。判断の方法はPERと似ていて、現在付いている株価が理論株価を下回っていれば割安、上回っていれば割高と判断します。計算式は以下のとおりです。

理論株価=(事業価値+金融資産-有利子負債)÷発行済株式数

この時点で、「どういうこと?」と疑問をいだく人が多いのではないでしょうか。私も最初は「?」がたくさん浮かんできて、理解するのに苦しみました。理論株価を求めるには、このような計算式を解かないといけないのですが、GMOクリック証券自動で理論株価を計算してくれる無料のツールを用意しているので、こちらを使うのが便利です!

理論株価

(出典:GMOクリック証券の財務分析ツール)

こちらが、自動で理論株価を計算してくれる財務分析ツールです。ひと目で理論株価と現在の株価を比べることができますね!このツールによれば、物語コーポレーションの理論株価は3,107円です。2019年6月20日現在の株価は8,440円なので、171%割高だとわかります。

なお、理論株価を出すためには、下の画像のように売上成長率と営業利益率、償却、設備投資、割引率を設定する必要があります。私は、売上成長率と営業利益率、償却、設備投資は「3年平均」を、割引率は「推奨値」を使っています。

理論株価のパラメータ

(出典:GMOクリック証券の財務分析ツール)

以上、株式投資で大事な割安性について解説してきました。今回ご紹介した「PER」と「PBR」、「理論株価」を使って、お得に株を買いましょう!また、PERとPBRはマネックス証券の銘柄スカウターで、理論株価はGMOクリック証券の財務分析ツールでチェックできます。いずれも無料で使えるので、口座開設しておくのがおすすめです。

割安性を使って、実際に企業分析をおこなっていますので、興味のある方は、「株初心者におすすめ!企業分析ツール活用法(無料)」をご覧ください。

西尾のプロフィール

・やさしい株のはじめ方の資産運用担当
・ファイナンシャルプランナー2級、証券外務員の資格あり
・年間200銘柄以上を分析中

Twitter「@kabuotaku758」でも情報発信中です!