2020年の運用成績と2021年の日経平均株価の見通しについて教えてください

株式投資をしている全国の個人投資家713名を対象に、「2020年の運用成績と2021年の日経平均株価の見通し」についてアンケート調査を実施しましたので、結果を発表いたします。

2020年の運用成績と2021年の日経平均株価の見通しについて教えてください

<調査概要>

調査対象:株式投資をしている男女713名
対象地域:全国
調査方法:インターネット調査、やさしい株のはじめ方メルマガ会員様調査
調査期間:2020年12月25日~2021年1月8日

調査結果をご利用いただく際は、必ず「出典:やさしい株のはじめ方」と明記いただけますようお願いいたします。引用・転載先がWebメディア、ブログなどである場合は、URL(https://kabukiso.com/)をリンクしてご掲載ください。

回答者の属性

性別

性別

年齢

年齢

Q1. メインの投資手法を教えてください

投資手法の中でもっとも割合が多かったのは、割安株(バリュー株)投資でした。

割安株(バリュー株)投資が34.3%で最多

Q2. 2020年の運用成績を教えてください

アンケート回答者の約7割がプラスで、約3割がマイナスという結果でした。

2020年の運用成績

プラスの成績だった方の中で多かったのは、「コロナショックで相場が急落した際に、割安になった株を購入した」という回答でした。投資手法にかかわらず、相場の急落をチャンスととらえて投資した方は、良い運用成績を残すことができたようです。

そのほかの目立った回答として、「コロナ禍でも業績が伸ばせる銘柄を選んだから」、「業績を見て株を買ったので3月の底値でも継続保有できた」というものがありました。

一方、マイナスの成績だった方の中で多かったのが、「コロナショックで下がった株価が戻っていない」、「暴落で狼狽売りしてしまった(株価が急落したときに動揺して売ること)」という回答でした。 新型コロナウイルスの影響が大きい業界の株を持っている方や、日経平均株価の急落につられて狼狽売りしてしまった方は、悪い成績だったようです。

Q3. 2021年の日経平均株価の見通しを教えてください

予想の中でもっとも多かったのは、「2万4,000円~2万6,000円で推移する」という回答でした。2020年12月30日15:00時点の日経平均株価(終値)は27,444.17円なので、下がると予想した方のほうが多い結果です。

2021年の日経平均株価の見通し

下がると予想した方の回答は、「コロナ収束の見通しが立たないから」、「株価の上昇だけで実態を反映していないから」というものが多く、上がると予想した方の回答は、「金融緩和が続くから」、「コロナが収束して好景気になるから」というものが多く見られました。

まとめ

今回は、「2020年の運用成績と2021年の日経平均株価の見通し」について、アンケート調査を実施しました。結果をまとめると、以下のようになります。

2020年の運用成績

<プラスだった方のおもな回答>

  • コロナショックで相場が急落した際に、割安になった株を購入した
  • コロナ禍でも業績が伸ばせる銘柄を選んだ
  • 業績を見て株を買ったので3月の底値でも継続保有できた

<マイナスだった方のおもな回答>

  • 新型コロナウイルスの影響が大きい業界の株を保有しており、コロナショックで下がった株価が戻っていない
  • 暴落で狼狽売りしてしまった
  • 投資の勉強や銘柄の分析をせず、日々の変動だけを見て売買してしまった

2021年の日経平均株価の見通し

<上がると予想した方のおもな回答>

  • 金融緩和が続くから
  • コロナが収束して好景気になるから
  • 治療薬、ワクチン開発の成功

<下がると予想した方のおもな回答>

  • コロナ収束の見通しが立たないから
  • 株価の上昇だけで実態を反映していないから
  • 日経平均が高くなりすぎている

新型コロナウイルスの影響で不透明な状況が続きますが、業績に関係ない外部要因で株価が大きく下落すれば、割安になった株を安く買うことができるチャンスです。冷静に判断して行動しましょう!

サイト内の参考ページ