SMBC日興証券でクロス取引

SMBC日興証券のクロス取引で、お得に株主優待をもらうやり方①

一般信用取引の売り注文をおこなう

逆日歩のかからない「一般信用取引の売り」ができるSMBC日興証券を使って、株主優待をお得にもらうやり方をご紹介します。“クロス取引”や“つなぎ売り”と呼ばれる取引方法で、株価の変動による損益が発生しないのが大きな特長です。しくみについて詳しく知りたい方は、クロス取引でお得に株主優待をゲット!をご覧ください。

手順は以下3ステップです。まずは、「1.一般信用取引の売り注文」から順番に、実際の画像付きで説明します。

<クロス取引の流れ>

※あらかじめ、SMBC日興証券の証券口座と信用取引口座を開設しておく必要があります。口座開設の手順は「SMBC日興証券の口座開設ガイド」をご覧ください。

クロス取引をおこなう際の注意点は、①一般信用取引の売り注文と、②現物株の買い注文を、どちらも株式市場が閉まっている同じ時間帯におこなうことです(参考:株取引できる時間帯)。例えば、27日(金)が権利付き最終日の場合、26日(木)15時~27日(金)8時59分までに、①と②の注文を出しておきます。同じ株価で買いと売りをおこなうので、株価がどちらに動いても損益は0円です。ここは必ずセットで注文すると覚えておいてください。詳細はクロス取引でお得に株主優待をゲット!でご紹介しています。

それでは、さっそく「一般信用取引の売り注文」の手順を見ていきましょう!

1.SMBC日興証券にログインをしたら、画面上メニューにある『お取引』をクリックしてください。

お取引をクリック

2.【信用取引】の中にある、『新規売付』をクリックしてください。

信用取引の新規売付をクリック

3.一般信用取引の売り注文画面です。取引したい銘柄コードを入力します。返済期限は『3年(一般信用)』を選びます。注文数量欄に取引したい株数を入力します(100株単位)。注文単価は『成行』を、期間指定は『当日中』を選びます。入力・選択を終えたら、『注文内容を確認する』をクリックしてください。

※「一般信用取引の売り注文」と「現物株の買い注文」は、同じ価格で取引をおこなう必要があるので、どちらも市場が閉まっている時間帯(例:権利付き最終日の前日までの15時~翌8時59分など)におこなってください。

信用売りの注文画面

4.注文の確認画面が表示されますので、内容を確認して問題がなければ、『注文する』をクリックしてください。

信用売りの注文内容確認画面

5.信用売り注文が完了しました!

信用売りの注文完了画面

以上で、クロス取引の第1ステップ「信用取引の売り注文」は完了です!続いて、このまま第2ステップ「現物株の買い注文」に移ります。繰り返しになりますが、同じ価格で取引したいので、市場が閉まっている同じ時間帯に、現物株の買い注文も出しておきましょう。