コラム・資料室

ESG投資関連株まとめ

ESG投資株式市場で注目を集める、ESG投資関連株をまとめました。

ESG投資とは、企業がおこなうCSR活動のうち、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)に配慮している企業を重視・選別しておこなう投資のことを言います。2017年7月に入り、公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、ESGに配慮している企業に投資したと発表し、市場で注目を集めています。

ESG投資関連株には、医薬品国内2位の「アステラス製薬(4503)」、携帯電話で国内最大手の「NTTドコモ(9437)」、自動車で世界トップシェアを誇る「トヨタ自動車(7203)」、首都圏・東日本で鉄道事業をおこなう「東日本旅客鉄道(9020)」があります。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
4503 アステラス製薬 国内2位の医薬品メーカー。泌尿器や移植分野に加え、米国で抗がん剤開発にも進出している。女性の管理職や採用比率などが高いことで、ESG投資の対象銘柄になっている。
9437 NTTドコモ 携帯電話で国内最大手の会社。国内でのシェアは4割に達する。アステラス製薬と同様、女性の管理職や採用比率などが高いことで、ESG投資の関連銘柄として注目されている。
7203 トヨタ自動車 自動車で世界シェアトップレベルの会社。国内ではシェア4割を誇っている。環境や企業統治などに優れた企業として、「FTSEブロッサムジャパン」というESG投資に関する指数に選ばれている。
9020 東日本旅客鉄道 首都圏・東日本を中心に鉄道事業を展開する会社。不動産賃貸やエキナカ物販事業が成長してきている。環境や企業統治などに優れた企業として、「FTSEブロッサムジャパン」というESG投資に関する指数に選ばれている。
3382 セブン&アイHD 国内2位の流通コングロマリット。セブンイレブンや百貨店、総合スーパー、ECサイトなど、幅広く販売経路を持っているのが特徴。環境や企業統治などに優れた企業として、「FTSEブロッサムジャパン」というESG投資に関する指数に選ばれている。
8316 三井住友
フィナンシャルグループ
三井住友銀行、SMBC日興証券、プロミスなどを傘下に持つ会社。三菱UFJフィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループと並ぶ「3大金融グループ」として数えられている。環境や企業統治などに優れた企業として、「FTSEブロッサムジャパン」というESG投資に関する指数に選ばれている。
6861 キーエンス FAセンサーなどの検出・計測制御機器大手の会社。環境や企業統治などに優れた企業として、「FTSEブロッサムジャパン」というESG投資に関する指数に選ばれている。
4063 信越化学工業 塩化ビニル樹脂や半導体シリコンウエハで世界トップの会社。環境や企業統治などに優れた企業として、「FTSEブロッサムジャパン」というESG投資に関する指数に選ばれている。
3407 旭化成 サランラップから繊維、へーベルハウスで有名な住宅事業などの総合化学企業。2016年度にスタートした「新中期経営計画」で、「クリーンな環境エネルギー社会の実現」と「健康・快適で安心な長寿社会の実現」という2つの社会課題を果たすことを定めており、ESG投資の対象銘柄に選ばれている。
6367 ダイキン工業 エアコンで世界トップの会社。東洋経済新報社が判定する、環境や社会性、企業統治、人材活用などのCSRの格付けにおいて、2017年度には全項目で「AAA」を与えられている。このことが、ESG投資の観点からも高く評価され、投資対象とみなされている。