コラム・資料室

介護関連株まとめ

介護株式市場で注目を集める、介護関連株をまとめました。
 介護は、みなさんもよく聞いたことのある話題だと思います。現在の日本では少子高齢化が進み、高齢者夫婦だけで暮らしている場合などで高齢者が高齢者を介護せざるを得ない、「老老介護」といった問題が起きています。また、老人ホームなどで職員による暴力がニュースにあがることもあり、負の印象を持つ方も多いでしょう。そんな介護ですが、少しでも介護をする側の人の負担を減らせるよう、さまざまな企業がサービスを考えたり商品を作ったりしています。今回の記事では、日本が抱える介護問題を解消しようと努力する会社を紹介しているので、1社でも応援したい会社が見つかればうれしいです。

注目株は、有料老人ホーム運営数No.1の「ベネッセホールディングス(9783)」、介護食を研究・開発している「キユーピー(2809)」、大人用紙おむつ製造機のメーカーである「瑞光(6279)」、高齢者向けに食事の宅配サービスをおこなう「ワタミ(7522)」などが注目されています。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
9783 ベネッセ
ホールディングス
「進研ゼミ」などの通信教育で有名。最近は高齢者ホームの分野にも進出しており、リハビリしたい方向け、認知症の方向け、夫婦向け、入居金ゼロ円プランの高齢者ホームなど、高齢者の方の状況やニーズに合わせた幅広いプランを提供している。全国に施設を展開しており、有料老人ホームの運営数はNo.1である。
2809 キユーピー マヨネーズやドレッシングの生産で国内シェアトップ。介護食にも力を入れており、歯の有無やあごの強さによって柔らかさを分けた料理を研究・開発した。種類もおじやなどの和食からハンバーグなどの洋食に至るまで幅広く用意しており、介護食を必要とする高齢者にとっても、十分に食事を楽しめるようになっている。
6279 瑞光 おむつなどの衛生用品製造機メーカーで、小児用おむつと生理用ナプキン向けの製造機でトップシェアを誇っている。高齢者の増加にともなって、大人用の紙おむつ製造機も作るようになったことで、介護関連株として見られるようになった。
7522 ワタミ 居酒屋「和民」などを国内外で展開している。飲食店を経営している強みを生かして、高齢者向け食事宅配サービスを運営。健康に配慮した日替わり弁当を、1件1件手渡しするスタイルで信頼と人気を得ている。
9792 ニチイ学館 介護・医療事務受託で最大手。在宅介護から老人ホームまで、全国各地でサービスをおこなっている。また、家事代行サービスや犬と触れ合うドッグセラピーガーデニングセラピーといった暮らしを豊かにするサービスや、障がいのある方向けの同行援護や移動支援などといったサービスも手掛けている。高齢者だけでなく障がい者が気持ちよく生活するために、細やかな配慮がなされている点で評価が高い。
9729 トーカイ 介護用品レンタル事業を中心に、調剤薬局や病院業務受託をおこなう。介護用品レンタルでは、介護される側と介護する側両方の負担を減らす特殊寝台や車いす、階段移動用のリフト、自動排泄処理装置など、介護のさまざまな場面で必要な器具を取り揃えている。在宅介護の家庭にとって強い味方といえる。
1924 パナホーム パナソニック傘下のハウスメーカー。デイサービスや訪問介護などのサービスが付いた高齢者向け住宅を販売していることで、注目が集まっている。四季を感じられるように設計された建物の中には介護士が常駐し、いつでも気軽にサービスを受けることができるため、高齢者にとっての安心材料になっている。また、入居者だけではなく、その地域の高齢者も介護サービスを受けられるようにするなど、地域との連携もはかっている。