ソフトバンクグループとソフトバンクの違いを教えてください

読者からのお悩み

ソフトバンクの株を買いたいのですが、「ソフトバンクグループ」と「ソフトバンク」の2種類があり、どちらを買えば良いのかわかりません。この2社は、どのような違いがあるのでしょうか?

管理人ひっきーからの回答

両社の大きな違いは、事業内容株価です。まずは両社の関係性や、事業内容の違いについて解説していきましょう。

両社の関係性はソフトバンクグループ(9984)が親会社、ソフトバンク(9434)は子会社という上下関係になっています。次の図は、ソフトバンクグループの相関図です。

<ソフトバンクグループの相関図>

ソフトバンクグループの相関図

(出典:ソフトバンク株式会社

ソフトバンクグループの子会社は、2020年3月末時点で1,475社と非常に多く、ソフトバンクはその中の1社です。このように複数の株式会社を傘下に持つ企業を、持株会社(ホールディングス)、図のソフトバンクのように、親会社・子会社どちらも持つ企業を、中間持株会社といいます。

持株会社や中間持株会社は、一般的に「子会社の管理・運営」がメイン業務です。投資する際は、子会社の業績やマーケットなどを、全体的に分析する必要があります。なぜなら、持株会社の株価にはグループ全体の業績が反映されるからです。

ソフトバンクグループでたとえるなら、ソフトバンクの業績が好調でも、ほかの子会社の業績が悪ければ株価は下がる可能性が考えられます。どちらに投資するかを判断するには、ソフトバンクグループ、ソフトバンクそれぞれの事業を把握しましょう。

持株会社や中間持株会社についてさらに詳しく知りたい人は、「持株会社(ホールディングス)とは?わかりやすく解説します」の記事を参考にしてください。

それではソフトバンクグループの事業内容から解説します。

ソフトバンクグループの事業内容

ソフトバンクグループには、大きく分けると5つの事業があります。

事業名 事業内容・サービスなど 関連する主な会社
①ソフト
バンク事業
・国内の移動通信サービス
・携帯端末の販売
・ブロードバンドなどの提供
・インターネット広告の提供
・イーコマースサービス
・ソフトバンク
・Zホールディングス
など
②Arm
事業
・マイクロプロセッサーのIP
・関連テクノロジーのデザイン
・ソフトウエアツールの販売
・ソフトウエアサービスの提供
・Arm Limited
③持株会社投資事業 ・ソフトバンクグループ、その子会社による投資事業 ・ソフトバンクグループ
④ファンド事業 ・ソフトバンクビジョンファンドによる投資事業 ・SB Investment Advisers (UK) Limited
⑤その他 ・オルタナティブ投資事業
・プロ野球関連事業
・スマートフォン決済事業
・ロボット事業
・自然エネルギー事業
・Fortress Investment Group LLC
・福岡ソフトバンクホークス
・PayPay
・ソフトバンクロボティクスグループ
・SBエナジー
など

(2021年1月現在)

ソフトバンクグループが展開する事業は非常に多く、すべて確認するのは大変です。「持株会社(ホールディングス)とは?わかりやすく解説します」の記事では、グループ全体の事業を把握する方法についても解説しているので、参考にしてください。

またソフトバンクグループは、メイン事業のひとつである「ファンド事業」の成績次第で、営業利益が大きく変わります。事業内容に加えて、ソフトバンクビジョンファンドも要チェックです。

次にソフトバンクの事業内容を解説します。

ソフトバンクの事業内容

ソフトバンクの事業は、大きく分けると3つです。

事業名 事業内容・サービスなど 関連する主な会社
①コンシューマ事業 ・モバイル端末やブロードバンドサービス ソフトバンク
Zホールディングス傘下
・ヤフー
・LINE
など
②法人・流通事業 ・クラウド関連
・IoT関連
・セキュリティ関連
ソフトバンク傘下
・SBクラウド
・IDCフロンティア
・SBテクノロジー
・サイバートラスト
・BBソフトサービス
など
③ヤフー事業 ・Yahoo! JAPAN
・ZOZOTOWNなどのECサイト
・スマホ決済「PayPay」
・PayPay銀行
(旧ジャパンネット銀行)
・PayPay証券
Zホールディングス傘下
・ヤフー
・PayPay
・PayPay銀行
・ZOZO
など

(2021年1月現在)

ソフトバンクの子会社には、ヤフーやLINE、PayPay、ZOZOなどを傘下に持つ「Zホールディングス」が入っており、ソフトバンクの複数ある事業の中でも重要な役割を果たしています。

ソフトバンクの携帯電話は、3キャリア(SoftBank、Y!mobile、LINE MOBILE)を運営し、5Gやさらに次世代の6Gへの投資も積極的です。また、多くの事業でZホールディングス傘下の企業が台頭しています。ソフトバンクに投資するなら、Zホールディングスの動向は必ずチェックしておきましょう。

株価の違いについて

株価は2021年1月29日現在でソフトバンクグループ(9984)が8,301円、ソフトバンク(9434)が1,381円と、約6倍もの差があります。

どちらも売買単位は100なので、必要になる最低元金はソフトバンクグループが約83万円ソフトバンクは約14万円です。用意できる購入元金を設定し、投資先を選定しましょう。また出来高や売買代金、事業内容、業績も違うので、株価の動き方もまるで違います。ソフトバンクが上場した2018年12月から、両社のチャートを見てみましょう。

ソフトバンクグループ(9984)の株価推移>

ソフトバンクグループ(9984)の株価チャート

(出典:SBI証券

ソフトバンク(9434)の株価推移>

ソフトバンク(9434)の株価チャート

(出典:SBI証券

このように、たった2年間のチャートですが、株価の変動には大きな差があります。どちらに投資するかを判断するなら、ソフトバンクグループ、ソフトバンクのどちらもしっかり理解することが大切です。

ソフトバンクグループとソフトバンクの違いを解説しました。どちらも持株会社で、複数の子会社を傘下に持つ大企業です。どちらに投資するにしても、子会社全体の業績や動向を分析する必要があります。また、実際にサービスを利用するのもひとつの手です。しっかり企業分析をして、ご自身が納得できる銘柄に投資をしましょう。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

この記事の執筆者

管理人ひっきー
投資歴17年目の株初心者アドバイザーです。2005年からの投資成績は+2億円を突破しました!2009年に発売した著書『はじめての株1年生 新・儲かるしくみ損する理由がわかる本』は、累計59,000部のロングセラー。その他、数多くの金融系メディアにも寄稿しています。

Twitter「@hiccky0928」でも情報発信中です!

株 - 初心者へ戻る

【株初心者のお悩み】

  1. 株式投資をする前に
  2. 株の売買