株のお悩み相談室

投資信託の売買ができる時間帯を教えてください

読者からのお悩み

投資信託をはじめたいのですが、売買ができる時間帯がわかりません。平日の夜や土日でもできるのでしょうか?

投資信託ひっきーからの回答

ネット証券であれば、基本的にいつでも注文することができます(メンテナンス時を除く)。平日の夜や土日でも注文することはできますが、注文を出したその瞬間の基準価額(投資信託の値段)では買えないこともあります。株とは少しルールが違うので、しっかりご説明します。

※株の場合は、株価が1日の間で何度も変わりますが、投資信託の場合は1日1回のみです。

投資信託の購入は、3ステップに分かれています。「①申し込み」、「②約定(確定)」、「③受け渡し(支払い)」です。それぞれのタイミングを見ていきましょう。

「申し込み」とは、投資信託の注文を出すことです。申し込みの締切時間は投資信託によって異なりますが、多くは15時までです。15時までに申し込みをすると当日扱いになり、15時以降に申し込みをすると翌営業日扱いになります。

次のステップが「約定(やくじょう)」です。約定とは、注文が確定することです。このときの基準価額で、約定価格が決まります。投資対象が国内の投資信託は、申し込みをした日に約定することがほとんどです。例えば、営業日の15時までに注文すると、その日に約定して、その日の夜の基準価額で取引されます。つまり、営業日の前日15時以降、当日15時までの注文は、営業日の夜に発表される基準価額になるということです。

土日に申し込みをした場合は、翌営業日に約定して、その日の夜の基準価額で取引されます。ただし、投資信託の種類によってはこのパターンに当てはまらないものもあるので、目論見書(もくろみしょ)を確認しましょう。ちなみに、海外に投資するファンドの場合、通常は翌営業日の基準価額で約定します。これは時差や為替レートの影響を受けるためです。多くの場合、15時までに申し込みをした投資信託は、翌営業日に約定して、その日の夜に発表される基準価格で取引されます。

最後のステップが「受け渡し」です。受け渡しは実際にお金を支払いをする日を指します。受け渡しは、銘柄によって変わりますが、通常3営業日から5営業日ほどです。

注意点は、証券会社によってメンテナンス時間が設けられているので、その時間帯は申し込みできないことです。例えば、楽天証券の場合は、月~土曜日の3時から6時、月~金の15時~15時10分、日曜日の2時半から3時半はメンテンナンスのため、申し込みができません(2019年4月22日現在)。

【楽天証券】投資信託の注文受付時間

(出典:楽天証券

★投資信託は、「申し込み」、「約定(やくじょう)」、「受け渡し」の3ステップを理解すれば、「思っていた基準価額と違う」といった事態を招くことはありません。株とは少しルールが違うので、混乱しないようにしましょう。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

投資信託ひっきーのプロフィール

・投資歴14年の株初心者アドバイザー
・2005年からの投資成績+2億円突破
・ファイナンシャルプランナーの資格あり

投資信託へ戻る