1. ホーム
  2. テーマ株・関連株まとめ
  3. PM2.5関連株・銘柄まとめ

PM2.5関連株まとめ

株式市場で注目を集める、PM2.5関連株をまとめました。

PM2.5関連の株では、PM2.5を除去できる加湿空気清浄機の「パナソニック(6752)」などがあります。他にも、環境省が全国に1300箇所の観測装置の設置を目指したことから、環境省認定の微小粒子状物質(PM2.5)測定装置を納入した「東亜DKK(6848)」、PM2.5の原因となる自動車排ガスの計測器を製造する「堀場製作所(6856)」が注目されています。

関連株・銘柄一覧

銘柄名
クリックタップで最新株価)
事業内容
パナソニック(6752) 高い技術力を誇る日本大手の総合家電メーカー。PM2.5の除去性能で評価された「ナノイー搭載加湿空気洗浄機」が注目される。
重松製作所(7980) 1917年から続く、防塵・防毒マスクなどの呼吸用保護具の専門メーカー。国内だけでなく、世界でも重松製作所の製品が使用されている。PM2.5対策用防塵マスクを製造。
東亜DKK(6848) 環境・工業用計測器の大手。環境省に認定された「微小粒子状物質(PM2.5)測定装置」を製造し、全国の地方自治体等に納入したとして注目される。
堀場製作所(6856) 分析機器のメーカー。特に自動車関連が強く、エンジン測定器では世界シェア8割を誇る。PM2.5の原因となる自動車排ガスの測定機器が主力として注目される。
明星電気(6709) 気象観測機器のメーカー。IHIのグループ会社となり、日本の気象観測、環境・防災分野で重要な役割を持つ。
ダイキン工業(6367) 世界屈指の空調機器メーカー。PM2.5対策の家庭用空気清浄機で注目される。

テーマ株・関連株の投資に役立つ、おすすめ証券会社

テーマ株・関連株に投資するなら、証券会社が提供しているサービスやツールがおすすめです。

証券会社名
(公式サイトへ)
サービス・機能名 特徴 詳細
SBI証券 テーマキラー ・売買手数料が無料
・成長期待のテーマ株10社に分散投資できる
5万円から購入できる

詳細

moomoo証券moomoo証券 テーマ・業種関連図など ・売買手数料が無料
ヒートマップが見られる
・業種関連図が便利

詳細

松井証券 テーマ投資ガイド ・人気テーマのランキングが見られる
・経済ニュースや決算情報が配信される

詳細

2024年6月現在)

どれもとても役立つので、ぜひ使ってみてください。特におすすめの証券会社は、SBI証券moomoo証券moomoo証券です。

それぞれの特徴を解説するので、参考にしてください(タブで切り替えができます)。

SBI証券

SBI証券は、テーマキラーを使えば、成長が期待できるテーマ株10社に、最低5万円から分散投資ができます。また、国内株の売買手数料は、現物・信用・単元未満株の取引がすべて完全無料です。手数料コース問わず、各種交付書面を郵送から電子交付に変更するだけで、約定金額にかかわらず売買手数料が無料になります。

そのほか、会社四季報が見られたり、銘柄分析ができる「分析の匠」が使えたり、投資に役立つサービスやツールも無料で使い放題です。

当サイト限定タイアップ企画で、口座開設+2万円以上の入金・振替で、もれなく現金2,500円とオリジナルレポート「株初心者でも見つかる株の選び方」がもらえるキャンペーンを実施しているので、ぜひ口座開設してくださいね。

SBI証券に口座開設

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

moomoo証券(ムームー証券)moomoo証券(ムームー証券)は、Nasdaqの上場企業「Futu Holdings Limited(FUTU)」のグループ企業「moomoo証券株式会社」が運営する証券会社です。リアルタイム株価が見れたり、ニュースや企業レポートを確認できたり、分析ツールを使えたり、株式投資に必要な情報をワンストップでキャッチできます。

国内株の取引は約定金額にかかわらず無料です。また、市場分析が視覚化できるヒートマップや、業種理解が深められる業種関連図など、テーマ株・関連株の情報収集に役立つ機能が豊富にそろっています。

<ヒートマップと業界関連図>

ヒートマップと業界関連図

また、リアルタイム株価によるデモトレード機能もあり、まずは株式投資の練習をしてみたいという方にもおすすめです。

moomoo(ムームー)に
新規登録する

アプリインストール・新規登録に費用は一切かかりません。

moomoo(ムームー)に
新規登録する

アプリインストール・新規登録に費用は一切かかりません。

やさしい株のはじめ方編集部

この記事の執筆者

やさしい株のはじめ方編集部 

FP2級や証券外務員二種、日本証券アナリスト協会検定会員補を持つ複数のメンバーが「株初心者の方に株式投資をわかりやすく理解していただく」をモットーに、記事を執筆しています。

ページ上部へ移動