1. ホーム
  2. テーマ株・関連株まとめ
  3. VR(仮想現実)関連株・銘柄まとめ

VR(仮想現実)関連株まとめ

株式市場で注目を集める、VR(仮想現実)関連株をまとめました。

VR(仮想現実)とは、Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)の頭文字を取ったもので、日本語では「仮想現実」といいます。この技術を使うと、コンピューターが生み出した現実ではない3次元の空間を体験できます。

例えば、いままでテレビで楽しんでいたゲームにVR技術を取り込めば、ゲームの中で自分が実際に体を動かして戦ったり、乗り物に乗ったりできるようになります。VRを体験するときには、映像を映し出すディスプレイの他にヘッドフォンを着用するなど、視聴覚を刺激するものが一般的となっていますが、今後は触覚や嗅覚、味覚を刺激する技術も研究が進んでいくとみられています。

注目株は、2016年にVR技術を使用したプレイステーションVRを発売する「ソニー(6758)」、VRゲームソフトを開発する「サイバネットシステム(4312)」、VR技術を使用したアプリ開発をおこなう「gumi(3903)」、VR関連企業への投資ファンドを設立した「コロプラ(3668)」などが注目されています。

関連株・銘柄一覧

銘柄名
クリックタップで最新株価)
事業内容
ソニー(6758) AV機器の大手メーカーで、プレイステーションやWalkmanなどで有名。2022年には「PlayStation VR」の次世代モデルを発売すると発表。2020年に発売されたPS5にケーブル1本で接続でき、PS4版とはあらゆる要素で進歩する予定。
サイバネットシステム(4312) 富士ソフトの子会社で、設計用ソフトに強みがあるが、ARやVRの開発にも力を注いでいる。「PlayStation VR」の開発にも携わり、注目を集めた。さらに、VRを利用した安全教育用ソリューション「VR安全シミュレータ」や、3DCADでのVR設計レビューを支援する「バーチャルデザインレビュー」なども展開している。
gumi(3903) スマートフォン向けアプリを開発している会社。ファイナルファンタジーなどのRPG(ロールプレイングゲーム)がメインで、海外に開発拠点を持ち世界中に配信している。VR技術への注目から、「Tokyo VR Startups」という子会社を設立し、VR技術を使用したゲーム開発とアプリ開発をおこなっている。
コロプラ(3668) スマートフォン向けゲーム大手で、「白猫プロジェクト」で有名。VRに関しては、人気のゲームアプリ「白猫プロジェクト」とVR技術を掛け合わせて「白猫VRプロジェクト」をリリースしたほか、VR関連企業に投資をおこなうVR専門ファンド「Colopl VR Fund」を設立するなど、会社全体で力を入れている。
グリー(3632) 携帯向けゲーム「GREE」運営している会社。VR技術の開発スタジオ「GREE VR Studio Laboratory」が、VR市場の成長に合わせて、ゲームのみならず映像や体験型コンテンツなど広い領域での開発を手がけていく方針。
カヤック(3904) ネット広告などの受託制作、ソーシャルゲームが主力。VRの企画力や技術力もあり、2020年はTVアニメ「ソードアート・オンライン」のVRイベントで、VR空間の制作企画から開発まで担当。さらに、コメディー漫画「からかい上手の高木さん」のVRアニメも小学館と共同で制作した。

テーマ株・関連株の投資に役立つ、おすすめ証券会社

テーマ株・関連株に投資するなら、証券会社が提供しているサービスやツールがおすすめです。

証券会社名
(公式サイトへ)
サービス・機能名 特徴 詳細
SBI証券 テーマキラー ・売買手数料が無料
・成長期待のテーマ株10社に分散投資できる
5万円から購入できる

詳細

moomoo証券moomoo証券 テーマ・業種関連図など ・売買手数料が無料
ヒートマップが見られる
・業種関連図が便利

詳細

松井証券 テーマ投資ガイド ・人気テーマのランキングが見られる
・経済ニュースや決算情報が配信される

詳細

2024年6月現在)

どれもとても役立つので、ぜひ使ってみてください。特におすすめの証券会社は、SBI証券moomoo証券moomoo証券です。

それぞれの特徴を解説するので、参考にしてください(タブで切り替えができます)。

SBI証券

SBI証券は、テーマキラーを使えば、成長が期待できるテーマ株10社に、最低5万円から分散投資ができます。また、国内株の売買手数料は、現物・信用・単元未満株の取引がすべて完全無料です。手数料コース問わず、各種交付書面を郵送から電子交付に変更するだけで、約定金額にかかわらず売買手数料が無料になります。

そのほか、会社四季報が見られたり、銘柄分析ができる「分析の匠」が使えたり、投資に役立つサービスやツールも無料で使い放題です。

当サイト限定タイアップ企画で、口座開設+2万円以上の入金・振替で、もれなく現金2,500円とオリジナルレポート「株初心者でも見つかる株の選び方」がもらえるキャンペーンを実施しているので、ぜひ口座開設してくださいね。

SBI証券に口座開設

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

moomoo証券(ムームー証券)moomoo証券(ムームー証券)は、Nasdaqの上場企業「Futu Holdings Limited(FUTU)」のグループ企業「moomoo証券株式会社」が運営する証券会社です。リアルタイム株価が見れたり、ニュースや企業レポートを確認できたり、分析ツールを使えたり、株式投資に必要な情報をワンストップでキャッチできます。

国内株の取引は約定金額にかかわらず無料です。また、市場分析が視覚化できるヒートマップや、業種理解が深められる業種関連図など、テーマ株・関連株の情報収集に役立つ機能が豊富にそろっています。

<ヒートマップと業界関連図>

ヒートマップと業界関連図

また、リアルタイム株価によるデモトレード機能もあり、まずは株式投資の練習をしてみたいという方にもおすすめです。

moomoo(ムームー)に
新規登録する

アプリインストール・新規登録に費用は一切かかりません。

moomoo(ムームー)に
新規登録する

アプリインストール・新規登録に費用は一切かかりません。

やさしい株のはじめ方編集部

この記事の執筆者

やさしい株のはじめ方編集部 

FP2級や証券外務員二種、日本証券アナリスト協会検定会員補を持つ複数のメンバーが「株初心者の方に株式投資をわかりやすく理解していただく」をモットーに、記事を執筆しています。

ページ上部へ移動