株のお悩み相談室

投資信託は、どこで買えますか?

読者からのお悩み

投資信託は、株と同じように証券会社にログインすれば買えるのでしょうか?どこで買うのがおすすめですか?

投資信託ひっきーからの回答

投資信託は、主に証券会社や銀行で買うことができます。金融機関によって、最低投資金額や取り扱う投資信託の本数に差があります。私のおすすめは「ネット証券」です。少ないお金で投資できますし、投資信託の品ぞろえが豊富です。

例えば、店頭窓口で販売するタイプは、最低投資金額が1,000円~10,000円です。一方、ネット証券の多くは100円からはじめられます。ネット証券の場合は、株と同じように証券会社のサイトにログインして、ネット上で取引ができます。

販売本数もネット証券のほうが多く、選ぶ幅が広がります。例えば、店頭販売の「みずほ証券」は、投資信託の取り扱い本数が149本、手数料のかからないノーロードが3本で、最低投資金額は1,000円です。それに対して、ネット証券の「SBI証券」は投資信託が2,672本、ノーロードが1,326本と、選べる投資信託の種類が全然違います。100円から投資ができるので、気軽にはじめられて分散投資がしやすいのも魅力です。

主なネット証券の一覧はこのようになっています。

証券会社
(公式サイトへ)
投資信託本数 ノーロード本数
SBI証券 2,672本 1,326本
楽天証券 2,672本 1,355本
マネックス証券 1,177本 754本
カブドットコム証券 1,093本 670本
SMBC日興証券 1,001本 511本
松井証券 705本 634本
岡三オンライン証券 479本 316本
GMOクリック証券 110本 93本
ライブスター証券 1本 1本

(※2019年3月現在)

実は、ネット証券には、その証券会社にしかない特別な投資信託があります。例えば、SBI証券の「スゴ6」、マネックス証券の「マネックス資産設計ファンド」です。証券会社を選ぶ際は、こうした要素も考慮したいですね。

一部、証券会社では買えない投資信託もあります。それは、独立系運用会社が販売する直販型投資信託です。代表的な直販型は、運用成績が良くてテレビでもよく取りあげられている「ひふみ投信(投資信託ひふみ)」や、ファンドオブザイヤーでたびたび上位にランクインする、鎌倉投信の「結い2101」などです。直販型は、運用会社から直接購入します。ひふみ投信は最低1,000円から、鎌倉投信は最低10,000円から投資ができます。

★これから投資信託をはじめる人は、まず総合面で優れているネット証券で経験を積み、興味が出てきたら直販などにも投資をしてみることをおすすめします。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

投資信託ひっきーのプロフィール

・投資歴14年の株初心者アドバイザー
・2005年からの投資成績+2億円突破
・ファイナンシャルプランナーの資格あり

投資信託へ戻る