1. ホーム
  2. 楽天証券のはじめ方・使い方
  3. スクリーニングのやり方・おすすめの条件

【楽天証券】スーパースクリーナーとは?おすすめのスクリーニング条件や使い方を解説

最終更新日:2024年4月30日

このページでは、投資先の銘柄を探すときに役立つ楽天証券の株スクリーニングアプリ「スーパースクリーナー」を紹介します。スーパースクリーナーは、PER売上高営業利益率自己資本比率といった条件を設定し、その条件に当てはまる銘柄を自動で選び出すツールです。

スーパースクリーナーを使いこなせるようになると、銘柄発掘の時間を大幅に削減できます。基本的な指標はもちろん、プロが使っているスクリーニング条件も使えるので、株式投資上級者の方にもご満足いただけるツールです。

それでは、スーパースクリーナーの使用方法を実際の画面を使って紹介していきます。スーパースクリーナーを使う際は、ぜひこちらのページを見ながら使ってみてくださいね!

楽天証券に口座開設し、楽天銀行と連携させてマネーブリッジに登録・入金すれば、もれなく現金1,000円がプレゼントされるキャンペーンが実施中です(~2024年8月30日まで)。

また、楽天証券に口座開設するだけで、日経テレコン(楽天証券版)や投資関連の書籍が読めるサービスもあります。口座開設するだけでもかなりお得なので、まだ楽天証券を口座を持っていない方は、ぜひ口座開設しておきましょう。

楽天証券に口座開設

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

楽天証券の株スクリーニングアプリ「スーパースクリーナー」とは?

「スーパースクリーナー」とは、楽天証券が提供している株スクリーニング※1アプリです。このツールを使うと、ご自分が投資したいと思う銘柄の条件を指定し、それに合った銘柄を自動で洗い出すことができます。銘柄発掘の時間を大幅に削減してくれる、とても便利なツールです。

※1 スクリーニングとは、日本語に直すと「ふるい分け」という意味です。

楽天証券のスーパースクリーナー

(出典:楽天証券

スーパースクリーナーには、PERや売上高変化率、売上高営業利益率自己資本比率といった基本的な指標がそろっています。

さらに、ご自分の投資金額の範囲内で買える銘柄や、日経225やTOPIXなどの指数採用銘柄の検索もできるため、スクリーニングに慣れていない株初心者でも使いやすいツールです。

PERや売上高変化率、売上高営業利益率、自己資本比率などでスクリーニング可能

(出典:楽天証券

このほか、年初来高値更新や年初来安値更新、信用残などのプロ向けの指標も使えます。スクリーニングに慣れてきたら、このような条件も組み合わせて使うのがおすすめです。

また、スーパースクリーナーは米国株のスクリーニングにも対応しています。

楽天証券のスーパースクリーナー

(出典:楽天証券

スクリーニング条件が他の証券会社のツールより充実しており、PERや自己資本比率といった指標だけでなく、テクニカル分析の指標など条件を細かく指定してスクリーニングが可能です。米国株投資をしている方には欠かせないツールと言えるでしょう。

日本株はもちろん、米国株のスクリーニングもできるスーパースクリーナーは、楽天証券に口座開設した人なら誰でも無料で使えます。

スーパースクリーナーを使ったスクリーニング方法・やり方

スーパースクリーナーは、パソコンとスマホ(iSPEEDアプリ)のどちらでも使える便利なスクリーニングツールです。ここからは、パソコン版スマホ(iSPEED)版に分けて画像付きで説明します。実際の画面を使いながら説明するので、はじめてスーパースクリーナーを使う方は、このページを見ながら使ってみてくださいね。

今回使う条件は、当サイトでおすすめしている下のスクリーニング条件です。

条件項目 内容
規模:小型株(時価総額501位以下) 事業規模
PER:15倍以下 収益から見た割安性 
ROE:10%以上 資金の効率性
自己資本比率:30%以上 財務健全性
過去3年平均売上高成長率:10%以上 成長性
売上高営業利益率:10%以上 収益性

スクリーニング条件について詳しく知りたい方は、「株を探す際に、おすすめのスクリーニング条件を教えてください」をご覧ください。それでは、パソコンでスクリーニングする方法から紹介します。

パソコンでスクリーニングする方法

  1. はじめに、楽天証券の公式サイトをクリックして『ログイン』をしてください。

  2. ログインしましたら、画面左上にある『国内株式』をクリックしてください。

    国内株式をクリック
  3. 次に、画面左にある『スーパースクリーナー』をクリックしてください。

    スーパースクリーナーをクリック
  4. すると、ご自身が希望する“銘柄の条件”を入力する画面がでてきます。先ほどご紹介したスクリーニング条件を設定していきましょう。まずは、「①規模:小型株(時価総額501位以下)」という条件を設定したいので、画面の左側にある「規模」の部分で『小型株』を指定しましょう。

    小型株をクリック
  5. 続いて、残りの検索条件(②PER、③ROE、④自己資本比率、⑤過去3年平均売上高成長率、⑥売上高営業利益率)を指定していきます。これらの条件は、スーパースクリーナーの左下にある「詳細検索項目」に追加します。『+検索条件を追加』をクリックしてください。

    +検索条件を追加をクリック
  6. 下のような画面が表示されます。まずは、「②PER:15倍以下」を指定しましょう。詳細検索項目の左上にある『PER(株価収益率)(倍)』をクリックしてください。

    詳細検索項目
  7. 先ほどの詳細検索項目の部分に「PER(株価収益率)(倍)」が表示されます。下の画像の赤枠部分でPERの最大値を指定できる仕組みです。今回は「②PER:15倍以下」を指定したいので、最大値の部分に『15』と入力してください。最小値はそのままで構いません。

    最大値に15と入力
  8. PERと同じように、残りの条件(③ROE、④自己資本比率、⑤過去3年平均売上高成長率、⑥売上高営業利益率)を指定していきましょう。下の画像に残りの条件③~⑥の場所を書き込んだので、各条件をクリックして数値を指定してください。

    ROEや自己資本比率、過去3年平均売上高成長率、売上高営業利益率を指定
  9. 最終的に、下の画像のように条件が設定されていればOKです。

    ROEや自己資本比率、過去3年平均売上高成長率、売上高営業利益率を指定
  10. 条件の設定が終わると、自動で入力した条件とマッチした銘柄が表示されます。今回は、21件に絞り込めました(下の画像参照)。

    絞り込み結果

続いて、スマホ(iSPEED)でスクリーニングする方法をご紹介します。

スマホ(iSPEED)でスクリーニングする方法

  1. はじめに、楽天証券のアプリ「iSPEED」を開いて『ログイン』をしてください。

  2. ログインしましたら、画面下部にある『検索』をタップしてください。

    検索をタップ
  3. 下の画面が表示されたら、画面右側にある『スーパースクリーナー』をタップしてください。

    スーパースクリーナーをタップ
  4. すると、ご自身が希望する“銘柄の条件”を入力する画面がでてきます。パソコン版と同じ手順でスクリーニング条件を設定していきましょう。まずは、「①規模:小型株(時価総額501位以下)」という条件を設定したいので、画面の中央にある「規模」の部分で『小型株』を指定しましょう。

    小型株をタップ
  5. 続いて、残りの検索条件(②PER、③ROE、④自己資本比率、⑤過去3年平均売上高成長率、⑥売上高営業利益率)を指定していきます。条件指定画面を下にスクロールしていくと、一番下に『+検索条件追加』があります。そちらをタップしてください。

    +検索条件追加をタップ
  6. スクリーニング条件の指定画面が表示されます。スマホアプリ「iSPEED」では、指定したい条件を5つまで同時に選択できるので、残りの条件(PER、ROE、自己資本比率、過去3年平均売上高成長率、売上高営業利益率)をタップして選択しましょう。条件の指定が終わったら、画面下にある『選択した条件を追加』をタップしてください。

    なお、PERとROE、自己資本比率、売上高営業利益率は『財務』タブの中に、過去3年平均売上高成長率は『コンセンサス情報』タブの中にあります。

    スクリーニング条件を選択
  7. 先ほど選んだ条件を指定する画面が出て来ます。条件②~⑥の数値を指定しましょう。例えばPERは15倍以下でスクリーニングしたいので、右側のボックスに『15』を、ROEは10%以上なので左側のボックスに『10』と入力します。

    他の条件も同じ方法で数値を入れていきます。自己資本比率は30%以上、過去3年平均売上高成長率は10%以上、売上高営業利益率は10%以上です。数値を入れ終わったら、画面下にある『検索』をタップしましょう。

    検索条件を入力したら検索をタップ
  8. スクリーニング条件に合った銘柄が表示されました。今回は21銘柄に絞り込めています。ここまで来たら、企業を個別にチェックして投資先を決めていけばOKです。

    ROEや自己資本比率、過去3年平均売上高成長率、売上高営業利益率を指定

☆スクリーニングをして、ご自分の希望に合う会社を見つけだしてください!

楽天証券なら米国株(アメリカ株)でもスクリーニングできる

楽天証券のスーパースクリーナーは、日本株だけでなく米国株のスクリーニングにも対応しています。さらに、スクリーニングで指定できる条件が他の証券会社のツールよりも充実しているのが特長です。米国株投資をしている人は必須のツールと言えますね。

ここでは、米国株投資をしているけれどスーパースクリーナーを使ったことがない方に向けて、米国株スーパースクリーナーの開き方をパソコン版スマホ(iSPEED)版に分けて画像付きで説明します。

パソコンで米国株スーパースクリーナーを開く方法

  1. はじめに、楽天証券の公式サイトをクリックして『ログイン』をしてください。

  2. ログインしましたら、画面左上にある「外国株式 米国株・海外ETF」と書かれたタブの中にある『米国株式』をクリックしてください。

    米国株式をクリック
  3. 次に、画面左にある『スーパースクリーナー』をクリックしてください。

    スーパースクリーナーをクリック
  4. 米国株スーパースクリーナーが表示されます。日本株版と同じ作りになっているので、パソコンでスクリーニングする方法で紹介したとおりに条件を指定しましょう。条件を指定すると、画面の右側にスクリーニング結果が自動的に表示されます。

    スクリーニング条件を指定する画面

続いて、スマホ(iSPEED)で米国株スーパースクリーナーを開く方法をご紹介します。

スマホ(iSPEED)で米国株スーパースクリーナーを開く方法

  1. はじめに、楽天証券のアプリ「iSPEED」を開いて『ログイン』をしてください。

  2. ログインしましたら、画面下部にある『検索』をタップしてください。

    検索をタップ
  3. 下の画面が表示されたら、画面右側にある『スーパースクリーナー』をタップしてください。

    スーパースクリーナーをタップ
  4. スーパースクリーナーが表示されます。画面上に『米国株式』と書かれたタブがあるので、そちらをタップしましょう。米国株のスクリーニング条件を指定する画面が出てくるので、日本株と同じ要領で条件を指定してください。条件の指定が終わったら画面下の『検索』をタップすると、スクリーニング結果が表示されます。

    米国株版のスーパースクリーナー

楽天証券の現金1,000円プレゼントキャンペーン

マネーブリッジ

(出典:楽天証券

楽天証券に口座開設し、楽天銀行と連携させてマネーブリッジに登録をすれば、もれなく現金1,000円がプレゼントされます(~2024年8月30日まで)。詳しい手順は次のとおりです。

プレゼント内容 🎁1,000円
プレゼント
受取手順
楽天証券に口座開設
(楽天銀行の口座も同時開設できます)
②プログラムにエントリー
③マネーブリッジに登録(+1,000円
④楽天銀行口座に1万円以上の入金(+1,000円
口座開設
締め切り
2024年8月30日まで
エントリー締め切り 2024年9月30日まで

口座開設とかんたんな登録作業だけで現金1,000円がもらえるので、まだ楽天証券を持っていない方は、口座開設して現金を受け取りましょう。

楽天証券の申し込みページで口座開設をしてから、キャンペーンページでエントリーが必要なので注意してください。

口座開設締め切り(2024年8月30日)とエントリー締め切り(2024年9月30日)の間に、1か月の猶予があるので、まずは口座開設してキャンペーンにエントリーしておくといいでしょう。

楽天証券と楽天銀行の口座をどちらも持っていない方や、口座開設からキャンペーンへのエントリー手順を確認したい方は「楽天証券と楽天銀行の同時開設キャンペーン!申し込みはどっちが先?デメリットや順番・流れを解説」の記事を参考にしてください。

楽天証券に口座開設

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

まとめ

楽天証券のスーパースクリーナー、いかがでしたか?株初心者の方でも使いやすいだけでなく、米国株のスクリーニングもできる点が魅力です。スーパースクリーナーはパソコンとアプリのどちらでも使えるので、お好きなほうを選んで使ってください。スーパースクリーナーを使って、自分の条件に合った銘柄を見つけましょう!

スーパースクリーナーは、楽天証券に口座開設した人なら誰でも無料で使えます。特に米国株のスクリーニングは充実しているので、口座開設して使える状態にしておかないともったいないです。この機会にぜひ口座開設してみてください。

ページ上部へ移動