自己資本比率とは?意味や目安をわかりやすく解説します

担当:やさしい株のはじめ方編集部

担当・やさしい株のはじめ方編集部

最終更新日:2021年8月13日

自己資本比率(じこしほんひりつ)とは、会社の財務健全性を調べる指標です。総資産に対して、返済義務のない自己資本がどれくらいあるかを表します。基本的に、数値が高いほど財務健全性が高いと判断します。株式投資においては、PERROEなどの指標と同じようにチェックするべき重要性の高い指標です。

このコラムでは、自己資本比率の意味や目安、ツールを使った調べ方について、株初心者向けにわかりやすく解説しています。

1.自己資本比率とは?

自己資本比率とは、会社の財務健全性を調べる指標です。数値が高いほど財務健全性が高いと判断します。

会社は、経営に必要なお金を「株主からの出資金(自己資本)」や「銀行などからの借金(他人資本)」でまかなっています。2つのお金の違いは、返済義務があるかどうかです。

返済義務
自己資本 なし
他人資本 あり

上の表にまとめたとおり、自己資本には返済義務がなく、他人資本には返済義務があります。つまり、経営に必要なお金は、返済義務がない自己資本で集めたほうが経営が安定しやすいのです。

もし、経営に必要なお金を、返済義務のある他人資本で集めたとしましょう。突然、銀行から「借金を返せ」と言われると、経営に必要なお金がなくなってしまい、会社を経営できなくなります。このような理由から、返済義務がない自己資本が多いほど、安定して会社を経営できると考えられるのです。

当サイトでおすすめしている「中長期投資」では、安定して経営していけそうな会社を選ばなくてはいけません。そのため、自己資本比率の高さが、銘柄選びをする上で大事なポイントとなります。自己資本と他人資本については、「自己資本と他人資本はどう違う?企業分析での使い方も解説」で詳しく解説しています。

2.自己資本比率の計算式

自己資本比率は、下の計算式で求められます。

自己資本比率=純資産÷総資産×100

貸借対照表の右下にある「純資産」が流動資産固定資産の合計である「総資産」に対してどれだけあるかを表しています。

純資産

厳密には、「自己資本」を使って計算するほうが望ましいのですが、はじめのうちは、ざっくりと「純資産」の金額を使って自己資本比率を計算しても問題ありません。後述しますが、証券会社の無料サービスを使えば、自分で計算する必要がなくなるのでおすすめです。

3.自己資本比率の目安

自己資本比率は「30%以上」が目安となります。投資する会社を探す際の基準になるので、ぜひ覚えておいてください。

ここで、自己資本比率についてしっかり理解している方は、「自己資本比率は高いほうがよいのに、なぜ30%なのだろう?」と疑問を抱くかもしれません。

確かに、自己資本比率は高いほど財務健全性が高まるため、「よいこと」です。テレビや新聞などでも、無借金経営の会社がもてはやされていますし、私たちの生活でも「借金=悪」のイメージがありますよね。そのため、自己資本は多いほうがよいという考えは、感覚的にも理解しやすいです。

しかし、自己資本比率が高すぎる銘柄を選んでしまうと、「成長しない会社」に投資してしまうリスクがあります。無借金企業の中には、「成長のために投資する意欲がないため、そもそも借金をする理由がない」会社が含まれているからです。

このような会社を見分けるのは、株初心者にとっては至難の業です。自己資本比率の高さだけにとらわれて、成長しない会社に投資してしまわないためにも、あえて「30%以上」に設定しています。

以上の理由から、安定して経営できる会社を探す時には、「自己資本比率が30%以上あるか」を目安に考えるのがおすすめです。

4.自己資本比率は自分で計算しなくてもよい

自己資本比率を計算する場合、決算書を開いて数字を拾わなくてはいけません。株初心者の方にとって、数字だらけの決算書を読むのは、かなりストレスですよね。

しかし、この世の中には自己資本比率を自動で計算してくれる、強力なツールが存在します!そのツールの名前は、マネックス証券が提供している『銘柄スカウター』です。

マネックス証券の銘柄スカウター>

基礎情報

(出典:マネックス証券の銘柄スカウター)

上の画像のように、銘柄スカウターを使えば、自己資本比率が自動で表示されます。一発で財務健全性が判断できるので、かなり便利ですよね。

たとえば、かつ丼チェーン『かつや』を運営するアークランドサービスホールディングス(3085)の場合、自己資本比率は68.4%と表示されています。自己資本比率は30%以上あると安全と判断できるので、アークランドはかなり財務健全性が高いと言えるでしょう。

このように、株初心者でもかんたんに銘柄分析ができる「銘柄スカウター」は、マネックス証券に口座開設すれば、誰でも無料で使えます!

銘柄スカウターの機能についてもっと知りたい方は、凄いと評判!マネックス証券「銘柄スカウター」おすすめの使い方を紹介で詳しく解説しています。こちらも併せてご覧ください。

5.まとめ

以上、自己資本比率の計算式や目安、調べ方などを紹介しました。会社の財務健全性を調べる指標なので、中長期投資をする際にチェックが欠かせません

自分で計算できればベストですが、決算書を読んだことがない株初心者の方は、マネックス証券銘柄スカウターを使って、自己資本比率を調べましょう。

銘柄スカウターは、マネックス証券に口座開設すれば、誰でも無料で使えます。特別に何か必要になるわけではないので、気軽に使ってみてくださいね!

このコラムを見た人は、こちらも読んでいます

この記事の執筆者

やさしい株のはじめ方編集部
「株初心者の方に株式投資をわかりやすく理解していただく」をモットーに、記事を執筆しています。当サイトを見て、少しでも“勉強になった”と思っていただければ幸いです。

Twitter「@yasakabu」でも情報発信中です!