財務諸表の読み方を紹介しています。
やさしい株のはじめ方  ◎企業の財務諸表を知りたい時は、EDINETを活用したり、それぞれの企業のホームページでIR情報を見ることにより確認できます。また、上場企業の財務諸表を分析したい場合には、「財務諸表分析ツール(無料)」が使いやすくておすすめです。
〜基礎からわかる株式投資〜
サイトマップ 証券会社の選び方 株式投資の基本 株式投資の応用 たまご投資日記 株式用語集
株式投資の応用    
株式投資の応用>財務諸表の読み方>財務諸表とは?

財務諸表の読み方を知る



<財務諸表とは?>

 財務諸表とは、企業の状態を知るための健康診断書のようなものです。企業が決算期になると、開示情報として発行します。この財務諸表を読み解くことにより、企業が病気(不調)なのか?健康(好調)なのか?をチェックすることができます。投資対象にできるのかどうかを判断する大きな材料となるので、ぜひ知っておきたい内容です。

 財務諸表というのは、大きく分けて3つの決算書からなります。『貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書』がそれです。この3つの財務諸表を総称して、財務三表と言われています。

…なんだか、少しむずかしそうに感じますが、一度理解してしまえば意外と簡単です! それでは個別に見ていきます。




 【貸借対照表】 (たいしゃく たいしょうひょう)

 貸借対照表というのは、「会社が事業資金をどうやって集めて、どのような形で保有をしているかを表すもの」です。バランスシート(B/S)とも呼ばれていて、“資産” “負債(借金)” “資本(自己資金)”の3つに分けられます。事業資金をどうやって集めたかを、負債資本で表し、どのような形で保有しているかを資産で表します。 よって、『資産=負債+資本』の関係が成り立っています。

                              貸借対照表をもっと詳しく→



 【損益計算書】 (そんえき けいさんしょ)

 損益計算書というのは、「期間ごとの経営成績(もうけ具合)を表すもの」です。プロフィット・アンド・ロス(P/L)とも呼ばれていて、売上高と5つの利益から成り立っています。5つの利益とは、“売上総利益” “営業利益” “経常利益” “税引き前当期利益” “当期利益”であり、最終的に当期利益が会社の純利益となります。ここがマイナスであれば、赤字です。

                              損益計算書をもっと詳しく→



 【キャッシュフロー計算書】

 キャッシュフロー計算書というのは、『現金や預金などのお金の流れで会社の実態を表すもの』です。CF(キャッシュフロー)と表すこともあります。営業活動・投資活動・財務活動の3つの部分から成り立っています。
 それぞれを簡単に説明すると、営業活動は、販売や仕入れなど、本業に関わる活動を、投資活動は、工場や機械などの固定資産の購入・売却などの活動を、財務活動は、借入や株式発行など、資金調達・返済の活動のことを言います。

                       キャッシュフロー計算書をもっと詳しく→

 

サイトマップへ戻る              運用方針を考えるへ進む→

                                             
 ・株に関する知識を学ぶ
 ・株価変動要因を考える
 ・情報収集をする
 ・情報を使えるものにする
 ・財務諸表の読み方
 ◆財務諸表とは?
 ◆貸借対照表を読む
 ◆損益計算書を読む
 ◆キャッシュフロー計算書
 ・運用方針を考える
 ・新規公開株に挑戦する
 ・個人に人気の株を知る
 ・様々な投資方法を知る
 ・株以外に投資する
たまご投資日記
株式用語集
その他

初めての方へ | サイトマップ | 証券会社 | 基本編 | 応用編 | 用語集 | その他 | ホーム
Copyright - © Hiccky 2005. All Rights Reserved