PC表示スマホ表示

 ロシア株が買える証券会社を詳しく紹介します。

~基礎からわかる株式投資~

 【外国株を買える証券会社を国ごとに比較】
 ・アメリカ株で証券比較する        ・ドバイ株で証券比較する
 ・中国株で証券比較する    
      ・ベトナム株で証券比較をする
 ・インド株で証券比較する          ・タイ株で証券比較する
 ・ロシア株で証券比較する 

 ロシア株が買える証券会社

 証券会社の選び方>ロシア株が買える証券会社

ロシア株が買える証券会社 



 『ロシア』と言えばかつてアメリカと勢力を二分するほどにまでなった超大国です。一時は政治的な混乱により経済が悪化してその地位を完全に失ったものの、政治の安定化とともにかつての影響力を取り戻しつつあります。

 

 何と言ってもその力の源は「世界一、二位の埋蔵量と生産量を誇る天然ガス石油などの豊富な天然資源」にあります。(2008年現在)みなさんご存知のように今、これらの天然資源の価格はこれまでにない上昇をみせています。さて、これは単に一時的なバブルのようなものなのでしょうか?


 

(ロシア国家統計委員会より) 
 
 
 
 

 もちろん今回のサブプライムローンショックの影響も少なからずあると思います。巨額のお金が株式市場から商品市場に流れたのは事実ですから。ですが、それも根本的な理由にはなりません。サブプライムは単なる引き金にすぎなかったのです…。

 

 今、地球の人口は急増しています。また、中国などの発展途上国を中心に生活環境も一気に向上しました。そして多くの人が車に乗り、家に電気製品を持つようになりました。その結果、石油や天然ガスの使用量が爆発的に増えたのです。

 モノの値段はそれを欲しい人が多くなればなるほど上がっていきます。つまり、この先人口の増加・生活環境の向上とともに天然ガスや石油の価格はどんどん上がっていく傾向にあります。すると、それを売っている会社の利益もどんどん大きくなっていくわけです(天然ガスや石油を生産するコストは変わりませんので)。これが今のロシアの経済成長のエンジンとなっています。

 

 地球規模の『人口の増加』 『生活環境の向上』、この流れが続く限り長期的なロシアの経済成長は揺るぎないのではないでしょうか♪

 
 
<ロシアの株や投資信託などを取り扱う証券会社>
ロシア 株式 投資
信託
外貨MMF ETF
楽天証券 × × ×
SBI証券 × × ×
マネックス証券 × × ×
内藤証券 × × ×
ユナイテッド
ワールド証券
× ×
 

個別株の売買手数料
ユナイテッドワールド証券 :取引額×0.4%+500ルーブル
(1ルーブル4.63円 2008年9月現在)

 

値幅制限
前日の終値を基準として±10%

 

取り扱い銘柄
石油・天然ガス・電力・通信などを中心に約50社を取り扱っています。

 

取り引き時間(日本時間)>
ユナイテッドワールド証券 → 15:00~24:00


外国株・外国投資信託が買える証券会社へ戻る

                                                                

 【外国株式・外国投資信託が買える証券会社を国別で比較】
 
アメリカ株で比較する              ベトナム株で比較する
 
中国株で比較する                タイ株で比較する
  インド株で比較する               ドバイ株で比較する

  ロシア株で比較する