株のお悩み相談室

配当金の受け取り方法はどれを選べばよいですか?

読者からのお悩み

口座開設時の「配当金受領サービス」と言う項目で、配当金の受け取り方を選ばなくてはなりませんが、どれを選んだらよいのか自分ではよくわかりません。おすすめの方法があれば教えてください。

管理人ひっきーからの回答

配当金の受け取り方としては、大きく分けると、以下の3つがあります。

  • 証券口座に振り込んでもらう方法(株式数比例配分方式)
  • 銀行に振り込んでもらう方法(登録配当金受領口座方式)
  • 自分で取りに行く方法(配当金受領証方式、「従来方式」とも言われます)

それぞれの方法について、かんたんに解説をします。(解説を読むのが面倒な方は、①の株式数比例配分方式を選んでください。デメリットが少なく、使い勝手がよいです)

(出典:SBI証券

<①証券口座に振り込んでもらう方法(株式数比例配分方式)> ←管理人おすすめ!

この方法は、会社からもらえる配当金が証券口座に振り込まれる方式です。私も選んでいますが、とっても便利なシステムです。この方式のメリットは、自動的に振り込まれることと、証券口座に振り込まれるので、配当金の再投資がしやすいことです。

例えば「③配当金受領証方式」を選ぶと、自分で取りに行かなくてはならないので、自動でお金が振り込まれるのは本当に楽ですね。また、私の場合は、配当金はそのまま投資に使う予定なので、銀行に振り込まれてしまうと、証券口座にお金を移すのも面倒です。

NISA枠の配当金を受け取るときは、こちらの株式数比例配分方式を選んでおかないと、配当金が非課税にならないので十分に注意をしてください。NISAを利用する人は、こちらでほぼ一択かなと思います。

<②銀行に振り込んでもらう方法(登録配当金受領口座方式)>

この方法は、配当金を銀行口座に振り込まれます。配当金を生活の足しにしたい、値上がり益とは別の管理がしたいという方におすすめです。ただし、先ほども触れたように、NISAを使おうとすると、NISA枠の配当金が非課税にならないので、気を付けてください。

<③自分で取りに行く方法(配当金受領証方式、「従来方式」とも言う>

これは現金で受け取ることになるので、配当金を受け取ったという実感ができますが、メリットはそれくらいです。受け取った配当は、そのまま現金を持って移動しなくてはなりませんし、配当金の引換券が送られてくるたびに、郵便局などに出向かなくてはなりません。

しかも引き換えには期限があるので、あまりおすすめできません。再三の注意喚起になりますが、NISAを使う人にとって、株式数比例配分方式以外は、税金面で不利になるので気を付けてください。

豆情報!

ちなみに、複数の証券会社に口座を開いている場合は、1つの証券口座で配当の受け取り方の変更をすれば、他社での受け取り方にも反映されて、すべて変更となります。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

管理人ひっきーのプロフィール

・投資歴14年の株初心者アドバイザー
・2005年からの投資成績+2億円突破
・ファイナンシャルプランナーの資格あり

株 - 初心者へ戻る

【株初心者のお悩み】

  1. 株式投資をする前に
  2. 株の売買