3月の株主優待をもらうには、いつ株を買えば良いですか?

読者からのお悩み

3月は株主優待が多い月だと聞きました。調べてみると、気になる株主優待がたくさんあったのですが、いつ株を買えば株主優待がもらえるのでしょうか?

管理人ひっきーからの回答

結論から言いますと、2022年3月の場合は「3月29日(火)の15時まで」に株を買って、この日が過ぎるまで株を持っていれば株主優待がもらえます。株主優待の権利が得られる仕組みを知っておくと、毎月何日までに株を持っておけばよいかわかるので、ぜひ覚えておきましょう。

株主優待をもらうには、企業の“株主名簿”に名前が載る必要があります。そのためには、権利確定日(主に月末)の2営業日前の15時までに株を買っておけば良いのです。この2営業日前のことを「権利付き最終日」と言います。営業日というのは、土・日・祝・年末・年始を除く平日のことです。

※2019年7月16日(火)から株取引のルールが変わり、権利付き最終日が権利確定日の3営業日前→2営業日前になりました。

下記のカレンダーをご覧ください。2022年の場合、3月31日(木)が権利確定日、3月29日(火)が権利付き最終日、3月30日(水)が権利落ち日となっています。「権利落ち日」というのは、株を売ってもよい日です。つまり、極端に言えば権利付き最終日の3月29日(火)の1日だけ株を持っていて、3月30日(水)に売ってしまっても、株主優待の権利は得られるということです。

2022年3月の権利確定日カレンダー>

2022年3月の権利カレンダー

権利確定日は一般的に月末が多いのですが、月末が土日だった場合、権利付き最終日と権利落ち日が下表のように変わります。

<3月31日が土日の場合>

  権利付き最終日
(この日までに購入)
権利落ち日
(売ってもよい日)
3月31日が土曜 3月28日(水) 3月29日(木)
3月31日が日曜 3月27日(水) 3月28日(木)

★権利確定日の2営業日前までに株を買っておけば、株主優待がもらえます!ただし、月末が土日の場合は権利確定日が前倒しになるのでご注意ください。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

この記事の執筆者

管理人ひっきー
投資歴17年目の株初心者アドバイザーです。2005年からの投資成績は+2億円を突破しました!2009年に発売した著書『はじめての株1年生 新・儲かるしくみ損する理由がわかる本』は、累計59,000部のロングセラー。その他、数多くの金融系メディアにも寄稿しています。

Twitter「@hiccky0928」でも情報発信中です!

株主優待へ戻る