1. ホーム
  2. テーマ株・関連株まとめ
  3. 【レアアース関連株・銘柄】南鳥島のレアアース採掘や脱中国依存、今後の見通しなどを解説

【レアアース関連株・銘柄】南鳥島のレアアース採掘や脱中国依存、今後の見通しなどを解説

やさしい株のはじめ方編集部担当:やさしい株のはじめ方編集部

最終更新日:2023年4月25日

レアアース関連株とは、レアアース(希土類)と呼ばれる、世界の産出量が極めて少ない金属を扱う会社の株です。レアアース株は資源関連株※1の一種であり、株価の値動きは「資源価格」や「景気動向」に左右されます。

※1 資源関連株とは、原油や天然ガスといった「エネルギー資源」や、金やアルミニウムなど「鉱物資源」の採掘・精製・販売に関わっている会社の株です。

レアアースはハイテク産業に欠かせない希土類であり、急成長が見込まれています。そんなレアアース関連株の見通しや関連銘柄をピックアップしてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

レアアースとは

レアアースは、PCやスマートフォン、テレビ、電気自動車、電池、磁石、強化ガラスなどハイテク製品から身近な用品まで広く使われています。レアアースの産地は中国や米国などに偏在し供給が追いついていないため、安定的な量の確保が各国の政策的な課題です。

レアアースの主な用途

出典:経済産業省「レアアース希土類」

レアアースの世界最大の産出国である中国は、レアアース磁石技術の輸出制限に踏み切りました。レアアース磁石は電気自動車などに欠かせない重要な部品であり、輸出制限は米国が主導している半導体関連製品の対中禁輸への対抗手段との見方が有力です。このような政治的な事情もあり、レアアース株はいま再び関心を集めています。

日本はレアアースの多くを中国に頼ってきましたが、東京・小笠原諸島にある「南鳥島(みなみとりしま)」沖で国内需要の数十年から数百年分に相当する量のレアアースが発見されています。脱中国依存に向けて、2024年にも試掘がはじまる見込みです。

日本でレアアースが発見された場所

出典:東京大学基金「南鳥島レアアース泥を開発して日本の未来を拓く」

関連株・銘柄一覧

レアアース銘柄は、「① 鉱山から採掘したレアアースを扱う会社」と「② 廃棄物から取り出したレアアースを扱う会社」の2つのグループに分けられます。

① 鉱山から採掘したレアアースを扱う会社

海底の資源開発技術を持つ石油資源開発(1662)三井海洋開発(6269)、海外からレアアースを調達する総合商社として双日(2768)住友商事(8053)を取り上げました。

また、レアアースに強い非鉄金属専門商社のアルコニックス(3036)、レアアース製造の大型設備を持つ信越化学工業(4063)をピックアップしています。

② 廃棄物から取り出したレアアースを扱う会社

廃棄物から取り出したレアアースを扱う会社は、三菱マテリアル(5711)DOWAホールディングス(5714)アサカ理研(5724)アサヒホールディングス(5857)をピックアップしました。

銘柄名
クリックタップで最新株価)
事業内容
石油資源開発(1662) 石油、天然ガス、その他資源エネルギーの探鉱・開発・生産が事業の柱。同社の熱水鉱床やレアアース泥の調査技術は、科学技術開発を目指す政府の取り組み「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」に選定されている。
双日(2768) 総合商社。旧日商岩井とニチメンが経営統合・合併し発足。独立行政法人エネルギー・金属鉱物資源機構と共同で豪州ライナス社に出資し、日本向けのレアアース供給契約を締結。
アルコニックス(3036) 非鉄金属の専門商社として創業。レアメタル(17種類のレアアースを含めた希少金属の総称)のトップ企業として、非鉄金属素材・部品・製品の生産から卸売まで手がける。自動車、半導体、電子材料向けにアルミ・銅、レアメタル・レアアースを提供している。
信越化学工業(4063) 化学メーカーの世界的大手。シリコンウェーハ製造で国内首位。塩化ビニール樹脂や半導体デバイスが主力。レアアースの研究開発・製造(分離精製)に長い歴史を持ち、国内に大型製造設備を構える。
三菱マテリアル(5711) 非鉄金属大手。銅を中心とした非鉄金属素材及び機能材料や製品を製造開発。工業用、小売用の金の製造・販売も手がける。使用済みの家電製品や自動車からレアアース磁石の回収をおこなっている。
DOWAホールディングス(5714) 鉱山・製錬会社として創業。環境・リサイクル事業、製錬事業、電子材料事業、金属加工事業および熱処理事業を展開。廃自動車やガラス研磨剤などからレアメタル・レアアースを回収している。
アサカ理研(5724) 産業廃棄物に含まれる有価金属の回収・再生をおこなう貴金属事業が主体 。レアメタル・レアアースのリサイクルの研究開発拠点を福島県に構える。レアメタルの回収・再生技術の関連特許を多数取得。
アサヒホールディングス(5857) 貴金属リサイクル事業を中心に、米国およびカナダにおいて鉱山由来の金・銀の精錬事業も営む。国内・韓国・マレーシアにて家電製品のスクラップから貴金属やレアメタル・レアアースを取り出しリサイクルをおこなっている。
三井海洋開発(6269) 海洋石油・ガス業界のリーディングカンパニーとして半世紀以上の実績を持つ。関連設備の設計・建造・据付、販売、リース及びオペレーションサービスをおこなう。南鳥島沖のレアアースの開発をめぐり、同社の浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備が注目を集める。
住友商事(8053) 住友グループの大手総合商社。レアアース製造の世界大手である米国「MPマテリアルズ」と日本向けの独占販売代理店契約を締結。調達したレアアースは東南アジアでメタル化し販売する。

レアアース関連株・銘柄の見通し

レアアース株の見通しを「良い・普通・悪い」で表すと、「良い」と言えます。社会経済のデジタル化を背景にハイテク製品の開発や普及が進み、世界でレアアースの需要が急速に高まっているからです。

国内では南鳥島沖でレアアースの泥鉱床が発見され「2024年にも試験掘り(試掘)が開始される」と話題を呼んでいます。また、レアアースのリサイクルが普及しているのも追い風です。

それぞれ、かんたんに解説します。

① 鉱山から採掘したレアアースを扱う会社

およそ10年前に、南鳥島沖で高濃度レアアース泥が大量に発見されており、6千メートル級の深海における採掘技術の確立が課題です。令和4年度の補正予算においても「採掘技術の開発に関わる予算※2」が盛り込まれています。

※2 参考:令和4年度補正予算の事業概要(経済産業庁)

今後は、東京大学「レアアース泥開発推進コンソーシアム」の産官学による試掘協力の取り組みなどを経て、2028年以降は民間会社が採掘・精製に参入できる環境が整えられる予定です。政府は5年以内に採掘技術を確立させたいとしており、今後はどの会社が本格的に関わっていくのかが焦点となります。

② 廃棄物から取り出したレアアースを扱う会社

持続可能な社会を目指すため、環境に配慮した経済活動が広く求められています。使用済みの電化製品から取り出すレアアースのリサイクルは、資源の節減、Co2排出の削減や廃棄物の減量を実現でき、環境にプラスです。

政府の補助事業など施策の後押しもあり、レアアースのリサイクルは質、量ともにいっそうの向上が期待されています。

注意

記載の見通しは、当サイト編集部の見解なので、結果を保証するものではありません。いかなる不利益が生じた際にも当サイトは一切の責任を負いませんので、すべてにおける最終判断はご自身でおこなってください。

テーマ株・関連株の投資に役立つ、おすすめ証券会社

テーマ株・関連株に投資するなら、証券会社が提供しているサービスやツールがおすすめです。

証券会社名
(公式サイトへ)
サービス・機能名 特徴 詳細
SBI証券 テーマキラー ・売買手数料が無料
・成長期待のテーマ株10社に分散投資できる
5万円から購入できる

詳細

moomoo証券moomoo証券 テーマ・業種関連図など ・売買手数料が無料
ヒートマップが見られる
・業種関連図が便利

詳細

松井証券 テーマ投資ガイド ・人気テーマのランキングが見られる
・経済ニュースや決算情報が配信される

詳細

2024年6月現在)

どれもとても役立つので、ぜひ使ってみてください。特におすすめの証券会社は、SBI証券moomoo証券moomoo証券です。

それぞれの特徴を解説するので、参考にしてください(タブで切り替えができます)。

SBI証券

SBI証券は、テーマキラーを使えば、成長が期待できるテーマ株10社に、最低5万円から分散投資ができます。また、国内株の売買手数料は、現物・信用・単元未満株の取引がすべて完全無料です。手数料コース問わず、各種交付書面を郵送から電子交付に変更するだけで、約定金額にかかわらず売買手数料が無料になります。

そのほか、会社四季報が見られたり、銘柄分析ができる「分析の匠」が使えたり、投資に役立つサービスやツールも無料で使い放題です。

当サイト限定タイアップ企画で、口座開設+2万円以上の入金・振替で、もれなく現金2,500円とオリジナルレポート「株初心者でも見つかる株の選び方」がもらえるキャンペーンを実施しているので、ぜひ口座開設してくださいね。

SBI証券に口座開設

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

moomoo証券(ムームー証券)moomoo証券(ムームー証券)は、Nasdaqの上場企業「Futu Holdings Limited(FUTU)」のグループ企業「moomoo証券株式会社」が運営する証券会社です。リアルタイム株価が見れたり、ニュースや企業レポートを確認できたり、分析ツールを使えたり、株式投資に必要な情報をワンストップでキャッチできます。

国内株の取引は約定金額にかかわらず無料です。また、市場分析が視覚化できるヒートマップや、業種理解が深められる業種関連図など、テーマ株・関連株の情報収集に役立つ機能が豊富にそろっています。

<ヒートマップと業界関連図>

ヒートマップと業界関連図

また、リアルタイム株価によるデモトレード機能もあり、まずは株式投資の練習をしてみたいという方にもおすすめです。

moomoo(ムームー)に
新規登録する

アプリインストール・新規登録に費用は一切かかりません。

moomoo(ムームー)に
新規登録する

アプリインストール・新規登録に費用は一切かかりません。

まとめ

この記事では、レアアース関連株の見通しや関連銘柄をピックアップしてご紹介しました。

社会経済のデジタル化に伴い、ハイテク製品に使うレアアースの需要が増えています。高まる需要に対し供給が追いつかない状況は、レアアース株にとってはプラスです。また、南鳥島沖のレアアース泥や中国政府による関連技術の禁輸など、レアアース関連は良くも悪くも話題に事欠きません。

レアアース銘柄を検討する際は、南鳥島沖のレアアース採掘計画の進展、景気や資源価格の値動き、そして中国や米国の政治動向など幅広く目を配るようにしましょう。

やさしい株のはじめ方編集部

この記事の執筆者

やさしい株のはじめ方編集部 

FP2級や証券外務員二種、日本証券アナリスト協会検定会員補を持つ複数のメンバーが「株初心者の方に株式投資をわかりやすく理解していただく」をモットーに、記事を執筆しています。

ページ上部へ移動