実戦投資法を考える

<右肩上がり投資法> おすすめ度 

右肩上がり投資法とは、『株価チャートが右肩上がり(上昇トレンド)を示している銘柄を狙っていく投資法』です。 まず、次の株価チャートを見てください。

株価チャート

ヤフーファイナンスから引用)

赤まるで囲ってありますが、2年という少々長いスパンでチャートを見てみました。このチャートを見てどう感じますか?

なだらかできれいな右肩上がりのチャートですね。それでいて、大きく凹んでいるところがありません。 「これは何を意味しているのか?」といいますと、おそらく、『これまで投資家の期待に継続的に応えて続けてきた』と予想できます。もし、業績悪化などで期待を裏切ってきたなら、どこかで大きく値下がりしているはずです。

…かと言って「今が右肩上がりだから、今後も右肩上がりが続く」という保証はありません。過去と未来は違うものです。しかし、少なくともこれまでは期待に応えてきたことはこのチャートからわかります。

というわけで、右肩上がり投資法を実践するにあたっては、「どうして右肩上がりが続いてきたのか?」というチェックをして、「これからも上昇を続けていくのか?」を慎重に吟味するといいと思います。そのチェックをクリアした銘柄は、投資する価値があるのかもしれません。

次に、右肩上がり投資法の買い時売り時をみていきます。

買い時チェック】

右肩上がり投資法の買い時は、いつでもいいと思います。もちろん、押し目で買う方がいいですが、長期保有のスタンスで望むのであれば、どこで買っても問題ありません。最終的に、株価は上がる見込みですからね…(笑)。目先の上げ下げには反応せず、どっしり構えるのがいいと思います。

売り時チェック】

売り時は、2つあると思います。まず1つは、思わぬ急騰(きゅうとう)をしたときです。急に上がった株は、急に下がることもありますから、いったん売却して利益確定するのもいいと思います。

もう一つは、チャートが下に崩れたときです。これは、右肩上がり投資法に反します。右肩上がりのチャートが崩れたわけですから…(笑)。自分の見込み違いということが確実になったときには、投資する価値はありません。さっさと売却しましょう。

このように『右肩上がり投資法』は単純明快な投資法です。右肩上がりしているチャートを見つけて、そのあとに好調な要因を探っていくのです。

株価がジワジワ上げていくので安心して見ていられます