株のお悩み相談室

比例配分とは何ですか?

読者からのお悩み

決算発表で業績が悪かったので、思い切って成行の売り注文を1,000株出しました。しかし、確認してみると100株しか売れていませんでした。どうやら、比例配分らしいのですが、具体的にはどんな仕組みでしょうか?

管理人ひっきーからの回答

株式の売買では、買い注文と売り注文の数が完全に一致したときに注文が成立します。つまり、質問者のケースでは、売り注文(成行)を1,000株出していても、買い注文がそれより少なかったので、一部しか売買成立しませんでした。この場合、1,000株の売り注文で100株が成立したので、「比例配分」によって、100株分は売れたといえます。

比例配分とは、「買い注文や売り注文が殺到している状態で、値幅制限(ストップ高、ストップ安)いっぱいの水準でも取引が成立しない場合に、終値で各証券会社の注文数に比例して配分されること」をいいます。

例えば、下の画像を見てください。これはMTG(7806)の株価ですが、ストップ安水準の3,530円で、買い注文が71,100株、売り注文が365,100株となっています。圧倒的に売り注文が優勢で、売り注文が買い注文の約5倍の差がついています。

MTGの株価

5倍の差があるため、単純計算すると、1,000株の売り注文を出したとしても、200株くらいしか売買の成立が期待できないと言えます。比例配分のルールについては、各証券会社で異なるので、下記にまとめました。(※そもそも公表していない証券会社やルールを変更している証券会社もあるので、ご自身で必ずご確認ください)

■時間優先(早く注文を出した人が有利)
 ・SBI証券マネックス証券

■申込数優先(たくさん注文を出した人が有利)
 ・松井証券GMOクリック証券

■完全抽選(1人1票制)
 ・カブドットコム証券

対象注文を発注されている口座単位に乱数(一定の順番)を付加し、すべて配分されるまで1単位ごとに乱数の順番にて配分を行います。 ※申込株数の多少に係わらず1単位毎に配分を行いますので、申込株数が1単位と10単位においても同様の確率で配分されることとなります。

逆に、TOB(株式公開買い付け)のように、ほぼ確実に高値で売れることが分かっているときは、比例配分狙いをぜひ挑戦してみてください。

ストップ高水準において、比例配分で少しでも購入確率を上げたい場合には、証券会社の特性を生かして、1つの証券会社から全力で申し込むのではなく、できるだけ多くの証券会社から申し込むことが必要になります。特に、下の図のE証券のようにマイナーな証券会社は割り当て数の割にライバルが少ないので、購入できるチャンスが高まります

比例配分のルール

(出典:楽天証券

★繰り返しになりますが、TOBのときは、ほぼ確実にTOB価格までは上がることになります。当選したらラッキーというくらいの気持ちで、成行きの買い注文を出しておくとよいですね。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

管理人ひっきーのプロフィール

・投資歴14年の株初心者アドバイザー
・2005年からの投資成績+2億円突破
・ファイナンシャルプランナーの資格あり

株 - 初心者へ戻る

【株初心者のお悩み】

  1. 株式投資をする前に
  2. 株の売買