PC表示スマホ表示

 ワン株・プチ株・S株のサービス(手数料・株主優待・配当など)を比較しました。

~基礎からわかる株式投資~

 【証券会社を状況別で比較】
 ・取引手数料で比較する           ・デイトレード向けで比較する
 ・新規公開株(IPO)投資で比較する    ・未成年向けで比較する
 ・信用取引で比較する             ・初めて&少額投資向けで比較する

 ・携帯トレードで比較する           ・夜間取引(PTS)で比較する

 ワン株・プチ株・S株・まめ株の比較

株式ミニ投資(ワン株・プチ株・S株の比較)


 

 手軽に始められる株取引として、株式ミニ投資(通称:ミニ株)が有名です。株式ミニ投資とは、通常の取引より少ない金額で株取引をはじめられる画期的なサービスです。具体的には、決められた単元数以下でも株取引をすることができるのです。例えば、株価100円の株があったとして、通常の取引では『10万円(1000株単位)』必要なところを、ワン株(マネックス証券)を使えば、たったの“1株”だけでも取引ができます。驚くことに、この場合はなんと100円(1株)から投資をはじめられます!株式投資を少額で試してみたい方や、毎月少しずつコツコツと株を買っていきたい方におすすめなサービスです。

 証券会社によって株式ミニ投資の呼び方は異なり、『ワン株(マネックス証券)・プチ株(カブドットコム証券)・S株(SBI証券)』となっています。

 

 証券会社ごとに取引手数料や取り扱い銘柄数、配当・株主優待などサービス内容が変わってきますので、下の表でご自身にあったものを見つけてください。

 

 ■ミニ株の取引ができる証券会社  <取引手数料やサービスの比較>

サービス名
(証券会社)
取引手数料 取扱銘柄数 サービスの
特徴
配当(上段)/優待(下段)
ワン株
マネックス
証券
最低 48円~
(約定代金×0.5%)
約 3200銘柄 取引手数料が
最低48円から
(保有割合に応じて)
(単元まで保有必要)
プチ株
カブドットコム
証券
最低 100円~
(1万円ごとに
67円追加)
約 3200銘柄 プレミアム積立
(手数料が
最大5割引に)
(保有割合に応じて)
(単元まで保有必要)
S株
SBI証券
最低 50円~
(約定代金×0.5%)
約 3200銘柄 5万円以下は
手数料最安
(保有割合に応じて)
(単元まで保有必要)


 マネックス証券のワン株は手数料が最低の48円からと最安!(基本手数料0.5%)。カブドットコム証券にはプレミアム積立という独自のサービスがあり、プチ株で定期積み立てができるのが特徴です。簡単に言えば、【るいとう】と【ミニ株】が合体したような使い勝手が非常によいサービスです。長期投資家の間で評判が高いサービスとなっています。

 
 

 ■約定代金ごとの取引手数料の比較

証券会社 1万円 2万円 5万円 10万円 20万円 備考欄
ワン株
マネックス証券
50円 100円 250円 500円 1000円 最低48円~ (約定代金×0.5%)
プチ株
カブドットコム証券
100円
(50円)
100円
(50円)
301円
(150円)
636円
(318円)
1306円
(653円)
2万円まで一律100円
(1万円ごとに67円追加)
カッコはプレミアム積立6回利用時の割引手数料
S株
SBI証券
50円 100円 250円 500円 1000円 最低50円~(約定代金×0.5%)

 

 取引手数料にスポットを当ててみると、マネックス証券ワン株SBI証券S株がすべてにおいて一番安くなります。ただ、カブドットコム証券プレミアム積立(プチ株つみたて)を利用した場合、長く続けていると徐々に割引が効いてくるので、長い目で見ると最も安く取引できることになります!

 

プチ株つみたて手数料割引のしくみ

 

 ☆ミニ株を総合すると、「ミニ株で定期的に自動積み立て」をしたい場合は、積み立て回数に応じて手数料がだんだん割引され、最大50%まで割引されるカブドットコム証券がお得です。機械的ではなく、自分のペースでコツコツと少額で買っていきたい方はマネックス証券SBI証券を利用すると、かしこい証券会社の使い方といえます。



【証券会社を状況別で比較】
 取引手数料で比較する
 新規公開株(IPO)投資で比較する
 信用取引向けで比較する
 携帯電話トレードで比較する
 証券会社のサービス・商品で比較する
 デイトレード向けで比較する
 未成年向けで比較する
 はじめて&少額投資向けで比較する
 夜間取引(PTS)で比較する
 株式・投資信託が買える証券会社で比較する