株初心者の人・少額投資の人向けのネット証券

株初心者の人・少額投資の人向けのネット証券

『株式投資は初めての体験で、右も左もわからない』という人や、『とりあえず少額で株式投資に慣れたい』という人向けに、証券会社(ネット証券)を選んでみました。

<初めにネット証券を選ぶときの3つのポイント>

  • ①売買手数料
  • ②少額でも株取引できるか
  • ③サービス・商品の品揃え

このページでは、「①売買手数料」と、「②少額でも株取引できるか」に焦点を当てて見ていきます。

株初心者の人には、初めに『株式投資を肌で体験してほしい』と考えています。株のことをよくわかっていないのに、いきなりたくさんの資産を株に換えてしまうというのはナンセンスですし、自分でコントロールできていない状態で、ドカッと大きく出るのはギャンブルに等しいです。…かといって、「完璧に勉強してからしか株はやらないゾ!」という、かた過ぎるスタンスもどうかと思います。株に触れながら、「足りないな」と感じた部分を重点的に勉強してはいかがでしょうか?

初めのうちはうまくいかなくても、少額の投資であれば、「それくらいは勉強代としてくれてやるよ!」くらいの軽い気持ちでいけます。最初からうまくいく人なんてほとんどいません。まずは練習程度の金額で何回も売買して、「株ってこういうものなんだな~」、ということを実感してください。慣れるまではあせらずにじっくり行きましょう。

①30万円以下の取引で、「売買手数料」が安いネット証券を選ぼう!

少額投資向けの手数料比較として、“0円~30万円以下”の取引における売買手数料を一覧表にまとめました。
※取引金額100万円以下の手数料比較を見たい人は、「ネット証券の手数料比較表」をご覧ください。

「0円~30万円以下」の取引における売買手数料の比較(税込)

証券会社/取引額 5万円以下 10万円以下 20万円以下 30万円以下 備考欄
松井証券 無料 無料 無料 無料 1日の約定代金合計50万円以下無料!!
SBI証券 55円 99円 115円 275円 5万円まで50円!
無料 無料 無料 無料 ※アクティブプラン選択時
岡三オンライン証券 108円 108円 220円 423円 現金プレゼントキャンペーン中!
無料 無料 無料 無料 ※定額プラン選択時
LINE証券 49円 88円 99円 242円 ※買付時は手数料無料なので、売却手数料を1/2にして表示
SBIネオトレード証券
(旧 ライブスター証券)
55円 88円 110円 198円 業界トップクラスの最安値水準
GMOクリック証券 96円 96円 107円 265円 50万円まで265円
auカブコム証券
(旧 カブドットコム証券)
99円 99円 198円 275円 大幅値下げ!
マネックス証券 110円 110円 198円 275円 手数料無料キャンペーン中!
PayPay証券 5円~
250円
~500円 ~1,000円 ~1,500円 基準価格の0.5%(最低5円から)

株式市場に上場している銘柄のうち、約3,700銘柄は50万円以下で購入できます。50万円以下の手数料が無料になるネット証券は、松井証券SBI証券(アクティブプラン)岡三オンライン証券(定額プラン)です。松井証券の手数料コースは、1日の約定代金合計で手数料が決まる「ボックスレート」しかないので悩む必要はありません。SBI証券と岡三オンライン証券は、手数料コースが「1回ごと」と「1日ごと」に分かれています。「1日ごと」を選ぶと、SBI証券と岡三オンライン証券は、1日の約定代金合計100万円以下の手数料が無料になります。

「総合的に手数料が安い」ネット証券は、LINE証券です。1回ごとの取引に対して、20万円以下の手数料帯では業界最安値です。30万円までの取引でも、手数料はたったの242円(税込)です。

安心して取引がしたいという人には、SBI証券もおすすめです。ネット証券界で口座開設数ナンバーワンの安心感は、他社にはない強みです。なんと、「600万口座(※2021年5月現在)」を達成しています!1回の約定代金合計が5万円以下なら、たった50円の手数料で済みます。1日の約定代金合計額に対して手数料がかかる、“アクティブプラン”を選べば、100万円までの売買手数料は無料です。

②少額でも株を買えるサービス「単元未満株」を活用しよう!

通常、株取引をするには最低100株必要です。ある程度まとまったお金がないと、株取引ができません。しかし、「単元未満株」制度を使うと、上場しているほぼすべての個別株を、なんと1株から買うことができます!

例えば、通常100株で10万円必要な場合も、単元未満株なら1株1,000円で買えます。もちろん、2株で2,000円、3株で3,000円と、1株単位で細かい金額設定ができます。まとまったお金がなくても投資ができるので、「試しに投資してみたい」という株初心者の人におすすめです!

単元未満株が買える主なネット証券は、「マネックス証券(ワン株)」、「auカブコム証券(プチ株)」、「SBI証券(S株)」、「LINE証券(いちかぶ)」の4社です。

サービス名
(証券会社)
取引手数料 取扱銘柄数
いちかぶ
LINE証券
無料 約1,015銘柄
ワン株
マネックス証券
最低 52円~
(約定代金×0.55%)
約3,200銘柄
プチ株
auカブコム証券
最低 52円~
(約定代金×0.55%)
約3,200銘柄
S株
SBI証券
最低 55円~
(約定代金×0.55%)
約3,200銘柄

※別途、スプレッドが発生します。(銘柄のグループによって、基準価格に対し0.2~1%)

※手数料は税込表記です。

単元未満株の、“手数料体系”や“サービス内容”について詳しく知りたい人は、『株式ミニ投資(ワン株・プチ株・S株の比較)』ページを参考にしてください。

単元未満株の“仕組み”について詳しく知りたい人は、『単元未満株(端株)とは?』、『単元未満株で取引をする人の注意点(メリット・デメリット)』ページを参考にしてください。

以上で、安い手数料、少額投資ができるネット証券の紹介は終わりです。あと考えなくてはならないのは、証券会社特有のツールをどう利用するか?です。

☆口座開設する上でご質問などございましたら、お気軽にメールをお寄せください。