少額投資でおすすめの株(銘柄)を教えてください

読者からのお悩み

これから株式投資をはじめようと思いますが、あまりたくさんの資金はありません。少額で買えるおすすめの株(銘柄)があれば教えてください。

管理人ひっきーからの回答

少額で株を買うためには、2つの方法があります。

項目 100株(低位株) 1株(単元未満株
対象銘柄 △
余力で絞られる
◯
買いやすい
株主優待 ◯
もらえる※1
△
一部銘柄のみ
もらえる※2
配当 ◯
もらえる
◯
もらえる
売買
手数料
◯
無料になる証券会社が多い
△
割高な証券会社が多い

※1 株主優待制度を採用していない企業の場合はもらえません
※2 詳しくは「単元未満株でもらえる株主優待一覧」をご覧ください(グループサイト「楽しい株主優待&配当」に移動します)

それぞれの方法で購入できるおすすめの株(銘柄)や、売買手数料についてご紹介します。

低位株を100株単位で買う

まず1つ目は、株価が低い株(低位株)を100株単位の「1単元」で買う方法です。過去に回答した、お悩み「はじめて買う株の選び方を教えてください」でもご紹介しましたが、単元株で買うと、銘柄によっては、株主優待が付いてくるのでおすすめです。

例えば、株価100円の株を100株買うと、1万円(=100円×100株)で買えます。このように安く買えるメリットはある反面、株価100円のような低位株は、業績が不調であったり、財務上に何か問題を抱えていたりすることも多いため、できれば株価300円以上の銘柄が無難かなと思います。

<10万円以下で買えるおすすめ株(銘柄)>
銘柄名 事業内容 株価※3
コシダカHD
(2157)
低価格カラオケチェーン「まねきねこ」を全国展開している。 556円
北の達人コーポレーション
(2930)
健康美容食品や化粧品の通販を手がけている。健康食品「カイテキオリゴ」が主力商品。 550円
パルマ
(3461)
トランクルームの滞納保証が主力。レンタル施設の開発、運営、仲介も手がけている。 700円
プレステージ・インターナショナル
(4290)
車トラブルのサポートで、損保関連が主力。 715円
アコム
(8572)
消費者金融大手でMUFG子会社。ローン、信用保証、東南アジア事業の3本柱で事業展開している。 470円

※3 2021年7月26日現在の株価

100株を購入する場合、証券会社ごとに発生する手数料を比較してみます。

<100株買うときの手数料比較>
証券会社 売買手数料(税込) ネット証券
詳細情報へ
5万円以下 10万円以下 20万円以下
SBI証券 無料※4 〇〇の詳細
auカブコム証券 無料※4 詳細
松井証券 無料 詳細
LINE証券 55円 99円 115円 LINE証券の詳細
マネックス証券 110円 110円 198円 詳細

※4 「1日あたりの合計約定金額にかかる手数料コース」を選んだ場合の手数料体系です。

単元未満株を1株単位で買う

もう1つの方法は、100株単位で買うのではなく、1株単位(単元未満株)で買う方法です。株価10,000円の株でも1株だけ買うのであれば、1万円で足りるので、お財布にもやさしいです。ただし、1株で買うことにはデメリットもあります。それは、ザラバ※5で取引できないので、自分で値段を決めて買えないことです。また、証券会社によっては、手数料が割高になる可能性があるので、こちらも手数料体系はかならず確認してください。

※5 寄付から引けまでの取引時間のこと

<1株で買う場合のおすすめ株(銘柄)>
銘柄名 事業内容 株価※6
任天堂
(7974)
ゲーム機メーカー最大手で、ソフト開発力が強い。海外でも高シェアで高収益体質。 60,120円
オリエンタルランド
(4661)
東京ディズニーランド・シーを運営。ホテル、商業施設含めたリゾートも展開している。 15,420円
キーエンス
(6861)
FA用センサーなど、検出・計測制御機器大手。生産の大半を外注し、直販体制が強み。 57,530円
ファーストリテイリング
(9983)
SPA大手で世界3位。「ユニクロ」を世界展開している。「ジーユー」、「セオリー」なども展開。 75,810円
日本電産
(6594)
精密小型モーター大手。HDD用で世界首位。車載、産業用など、中大型にもシフトしている。 12,580円

※6 2021年7月26日現在の株価

ここで紹介した銘柄は、100株で買おうとすると100万円を超えてしまう銘柄群です。普通に買おうとするとなかなか手が届かない、あえて株価が高めの銘柄をご紹介しました。先ほど紹介した低位株と比べると、優良企業がたくさんあるので、初心者の方にもおすすめです。仮に、1株の場合でも、配当はきちんともらえます。

単元未満株の売買手数料を、証券会社ごとに比較してみます。

<単元未満株の手数料比較>
証券会社 売買手数料(税込) ネット証券
詳細情報へ
買付 売却
ワン株
マネックス証券
無料 0.55% ワン株の詳細
S株
SBI証券
実質無料※7 0.55% SBI証券の詳細
ネオモバ 月額利用料220円(税込)で
取引放題※8
ネオモバの詳細
いちかぶ
LINE証券
0.2%~1.0%※9 日興フロッギーの詳細
ひな株
CONNECT
0.5% 日興フロッギーの詳細
プチ株
auカブコム証券
0.55% 日興フロッギーの詳細

※7 取引の翌月下旬頃に支払った買付手数料が全額キャッシュバックされます。
※8 期間固定Tポイントが200ポイントもらえるので、実質ほぼ無料です(自己負担20円のみ)
※9 取扱銘柄がグループA~Dの4つに分かれており、グループに応じて取引コストが変動します

少額で買える株として、「低位株を100株買う(単元株)」パターンと、「1株単位で買う(単元未満株)」パターンをご紹介しました。どちらを選ぶかは善し悪しがありますが、まずは、やってみることが大事なので、少額からでも株取引に挑戦してみてください!

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

この記事の執筆者

管理人ひっきー
投資歴17年目の株初心者アドバイザーです。2005年からの投資成績は+2億円を突破しました!2009年に発売した著書『はじめての株1年生 新・儲かるしくみ損する理由がわかる本』は、累計59,000部のロングセラー。その他、数多くの金融系メディアにも寄稿しています。

Twitter「@hiccky0928」でも情報発信中です!

株 - 初心者へ戻る

【株初心者のお悩み】

  1. 株式投資をする前に
  2. 株の売買