米国株は円貨決済・外貨決済のどちらで購入・売却したほうがいいですか?

読者からのお悩み

米国株投資をはじめたいのですが、円貨決済と外貨決済の違いがよくわかりません。どちらを使って米国株を購入・売却すればいいのでしょうか?

管理人ひっきーからの回答

基本的には外貨決済をおすすめしています。円貨決済に比べて、外貨決済のほうが為替手数料※1を安くできるからです。

※1 外貨両替をする際に発生する手数料のことです。

円貨決済と外貨決済には、「米ドルの準備方法」と「為替手数料の発生タイミング」に違いがあります。

                       
円貨決済外貨決済
米ドルの
準備方法
証券会社が代行 自分で購入
為替手数料の
発生タイミング
米国株の購入時・売却時どちらも ・米ドルの購入時
・「米ドル→円」への外貨両替時

円貨決済は、円→米ドルへの外貨両替を証券会社が代行してくれるので、自分で米ドルを購入する手間はなくなりますが、為替手数料が取引ごとに発生します。

一方、外貨決済は、米ドルを自分で購入する必要がありますが、外貨両替のときにしか為替手数料が発生しません

下記①~⑥の取引をした場合、具体的にどのくらい為替手数料差があるのか比較してみましょう。1ドルあたり25銭※2の為替手数料が発生する場合を想定しています。

※2 マネックス証券SBI証券楽天証券の為替手数料です。

                                      
取引内容 為替手数料
円貨決済外貨決済
①1,000米ドルを購入 - 250円
②銘柄Aを1,000米ドル分購入 250円 -
③銘柄Aの株価が2倍になり、
2,000米ドル分を売却
(利益確定)
500円 -
④銘柄Bを2,000米ドル分購入 500円 -
⑤銘柄Bの株価が1.5倍になり、
3,000米ドル分を売却
(利益確定)
750円 -
⑥3,000米ドルを円に両替 - 750円
合計手数料額 2,000円 1,000円

①~⑥の取引をした場合は、外貨決済の為替手数料が1,000円も安くなります。

1回あたりに発生する為替手数料は同額ですが、円貨決済は取引回数が多くなるほど為替手数料が発生するので、長期的に考えると外貨決済がお得です

さらに詳しく円貨決済と外貨決済について知りたい方は、以下の解説を参考にしてください。また、外貨決済におすすめの証券会社は、こちらで紹介しています。

円貨決済の仕組みとメリット・デメリット

円貨決済とは、海外の株式や債券などの投資に必要な現地通貨への両替を、証券会社が代行してくれる決済方法です。米国株に投資する場合、「円」を「ドル」に替える作業を証券会社が代行してくれるので、「円」さえあれば国内株と同じように購入できます。

円貨決済

円貨決済のメリット・デメリットを見ていきましょう。

<円貨決済のメリット>

  • ①外貨両替する手間がなくなる
  • ②手元にドルがなくてもすぐに取引ができる
  • ③外国株専用の証券口座を開設しなくてもいい

円貨決済のメリットは、手間がなくなることです。わざわざ外貨両替をしたり、外国株専用の証券口座を開設したりしなくていいので、少ない手間で米国株投資をはじめられます。

<円貨決済のデメリット>

  • 為替手数料が取引ごとに発生する

円貨決済のデメリットは、為替手数料が取引ごとに発生することです。購入時・売却時どちらの取引であっても、毎回自動的に外貨両替されるので、その度に為替手数料が発生してしまいます。

このデメリットを解消できるのが「外貨決済」です。詳しく見ていきましょう。

外貨決済の仕組みとメリット・デメリット

外貨決済とは、海外の株式や債券などに投資する際、あらかじめ外貨交換しておいた現地通貨を使って購入することです。つまり、米国株を投資する場合は、あらかじめ円をドルに外貨交換した資金を用意しておく必要があります。

外貨決済

外貨決済のメリット・デメリットも見ていきましょう。

<外貨決済のメリット>

  • 為替手数料を安く抑えられる

外貨決済は、あらかじめ円を米ドルに両替するため、両替時しか為替手数料が発生しません。そのため、取引ごとに為替手数料が発生する円貨決済に比べて、為替手数料を安く抑えられるのがメリットです。

<外貨決済のデメリット>

  • ①外貨両替する手間がかかる
  • ②外国株専用の証券口座が必要
  • ③外貨両替した資金が口座に反映されるまで時間がかかる

外貨両替の主なデメリットは「手間がかかる」ことですが、損得には関係ないことなので、①・②のデメリットはあまり気にしなくていいでしょう。ただし、③のデメリットは「機会損失」をしてしまう可能性があります。

例えば、マネックス証券で「円」→「米ドル」に外貨両替する場合、5:30~14:30であれば当日中に反映されますが、それ以外の時間は翌営業日以降の反映になってしまいます。

<米ドルへの振替受付時間(マネックス証券)>

マネックス証券の米ドル振替受付時間

(出典:マネックス証券

米国市場の立会時間は22時30分~翌5時(夏時間は23時30分~翌6時)なので、立会時間中に購入したい銘柄があっても、ドルが手元になければ取引できません。

とは言ったものの、マネックス証券SBI証券楽天証券は、円貨決済・外貨決済のどちらにも対応しているので、状況に応じて使い分ければ問題ありません。

外貨決済におすすめの証券会社は「マネックス証券」

米国株投資で外貨決済を利用するなら、マネックス証券がおすすめです。マネックス証券の外貨決済なら、為替手数料が購入時のみ無料になります。外貨決済に対応しているSBI証券楽天証券と比較した表もご覧ください。

証券会社 手数料 取扱銘柄数 詳細
売買
手数料
(税込)
為替
手数料
(非課税)
個別株 米国
ETF
マネックス
証券
0.495% 無料 4,223 345 マネックス証券
SBI証券 0.495% 25銭 4,201 339 SBI証券
楽天証券 0.495% 25銭 3,875 353 楽天証券

マネックス証券は手数料の安さ、取扱銘柄数のどちらも、3社の中でもっとも優れていることがわかります。

また、米国株をNISA口座で取引するなら、売買手数料も買付時のみ無料です。そのほか「銘柄スカウター米国株」というツールで米国株の分析がプロ並みにできたり、定期買付サービスで配当金再投資が自動でできたり、マネックス証券には米国株投資に役立つさまざまな機能やサービスがあります。

さらに、当サイトからマネックス証券に口座開設した方限定で、オリジナルレポート「銘柄スカウター完全攻略マニュアル」をプレゼントしているので、ぜひ口座開設して受け取ってください。

マネックス証券の口座開設ボタン

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

この記事の執筆者

管理人ひっきー
投資歴16年の株初心者アドバイザーです。2005年からの投資成績は+2億円を突破しました!ファイナンシャルプランナーの資格も保有しています。

Twitter「@hiccky0928」でも情報発信中です!

株 - 初心者へ戻る

【株初心者のお悩み】

  1. 株式投資をする前に
  2. 株の売買