株以外に投資をする

<外国為替証拠金取引(FX)とは?>

このページでは、外国為替証拠金取引(別名:外国為替保証金取引FX)について詳しく見ていきます。

最近耳にするようになった外国為替証拠金取引(FX)…。何とも「うさんくさい」響きですねぇ。“外国為替”で、さらに“証拠金取引”ですからねぇ~。証拠金ってところが、やっぱり…(もうしつこいですね … 笑)

…つっこみをいただきそうですので、さっそく外国為替証拠金取引の内容に入ります。

まずはじめに、『外国為替証拠金取引って何?』というところからです。これは、一言で言えば、一定額の証拠金(保証金)を担保にして外貨を売買することです。 ん?、なんだかわかりにくいですね…。もっとわかりやすく説明します!

最初は証拠金の説明からです! 具体的に例を挙げていきます。ここに10万円があるとします。その10万円を外国為替証拠金取引を取り扱う会社の口座に入れます。まだ、この状態では日本円のままですね。例えばここで米ドル(1ドル=100円)に全額交換してみます。

そうすると本来は、1,000ドル(10万円÷100円)になるわけですが、なんと10,000ドルも取引ができるようになってしまうのです。これはどういうことでしょうか?お金が増える魔法ではないので、本当に10,000ドルになったわけではありません。そうではなくて、「1,000ドル(10万円)を証拠金(担保)にして10,000ドル分(100万円分)の取引ができますよ!」ということです。ここが外貨預金と大きく違うところです。

今回の例では元金の10倍の取引をしていますから、レバレッジ10倍といいます。このレバレッジ(てこの原理)の倍率は、取り扱い会社によって大きく異なります(3倍、5倍、10倍…)。レバレッジが大きいほど、取り扱い金額が上がりますからハイリスク・ハイリターンになります。あまりにレバレッジが効きすぎているのは危険だと思います。

証拠金の説明は理解できましたでしょうか?次は取引内容です。この部分は外貨預金の考え方が使えます。ただし、さきほどのレバレッジも関係してきますのでその点は気をつけてください。これも例を挙げてわかりやすく説明します。

さきほどの例と同様に、資金10万円米ドル(1ドル=100円)に全て交換します。そうしますと、本来1,000ドルにしかなりませんがレバレッジ10倍かかっていると、10,000ドル分の取引できるわけです。

一定期間が経過して、1ドル105円になったとします。ということは、取引上は10,000ドルでしたから105万円(10,000ドル×105円)になったわけです。もともとあったお金は10万円でしたね。それが取引を行うことで、5万円(105万~100万円)増えたわけです。利回りに直しますと10万円使って5万円増えたのですから、1.5倍!つまり利回り50%(5万円÷10万円×100)です。これは驚異的な数字ですね!!

ただ、これは裏返すと大変なことになります! 1ドル100円1ドル95円になってしまったら…。同じように計算すると−5万円です! 10万円が5万円になってしまいます。半分ですね…(苦笑)。こんなバクチみたいなことは、とてもじゃないけどできません!

…と言ってしまいたいところですが、これで終わってしまったら、ちょっともったいなかったりします。

実は、まだお話していない大事なことがあります。それは、スワップポイント(スワップ金利)です!少々ページが長くなりましたので、次のページで説明しますね♪

☆外国為替証拠金取引(FX)は使える金融商品です!