海外ETF

海外に上場する投資信託にコストを押さえて投資できる

海外ETFとは、『海外の証券取引所に上場している投資信託』のことを表します(参照:ETFの解説)。ざっくり言えば、先ほど解説したETFの海外投資版ですので、“海外に投資をする投資信託よりもコストが安くすむ”のが大きな特徴です。
※くり返し確認になりますが、一般的に、海外に上場している投資信託は【海外ETF】と呼ばれ、上場していない投資信託は【外国投資信託】と呼ばれています。

海外ETFは、海外の投資信託が証券取引所に上場しているので、株の売買と同じように証券会社を通して取引ができます。日本で購入できる海外ETFは2つに分けられ、米国ETF中国ETFがあります。米国ETFというのは『アメリカの証券取引所に上場している投資信託』という意味で、アメリカ以外のいろいろな国や株以外の資産にも投資ができます。『アメリカだけに投資できる』という意味ではないので勘違いに注意してください。

■海外ETFの特徴

  • 海外の株価指数(NYダウなど)に連動するインデックスETFに投資ができます。
  • 金や商品などのETFにも投資ができます(金ETFや商品ETFなど)。
  • 海外の会社を個別に選んで投資をするような手間が省けます。
  • 5~10万円くらいから投資ができます。
  • 海外のインデックスファンド(投資信託)より安い手数料で運用できます。

■海外ETFを買える証券会社を比較

マネックス証券 楽天証券 SBI証券
海外ETF
取扱い本数
米国ETF:241本
中国ETF:48本
米国ETF:241本
中国ETF:47本
米国ETF:240本
中国ETF:48本
米国ETF
売買手数料
(税抜)
20ドル
(約2,200円)
25ドル~
(約2,750円)
25ドル~
(約2,750円)
米国ETF
為替手数料
片道1ドルあたり
0.25円 0.25円 0.25円
取引単位 買い注文:1口 買い注文:1口 買い注文:1口
売り注文:1口 売り注文:1口 売り注文:1口
取引(決済)
通貨の種類
米ドル 米ドル 米ドル

(2016年6月6日現在、1ドル=110円で計算)

■海外ETFの購入イメージ

株を売買するのと同じように、証券会社を通して株式市場から買うことができます。

海外ETFのイメージ

MRFとは?
実際に海外ETFを買うまでの流れ(例:SBI証券)
海外ETFの解説(マネックス証券公式ページへ)

■海外ETFの種類

海外ETFの比較表でくわしく紹介しています!「海外ETFにはどんな種類があるのか?それぞれの特徴は?」など、とても1ページでは説明しきれませんので、興味がわいた方はこちらのページをご覧になってください♪