MRF

証券口座に預ける普通預金のイメージ

MRFとは、マネーリザーブファンドMoney Reserve Fund)の略で、極めて安全性の高い債券を中心に運用しています。申し込み手数料や解約手数料は一切無料で、かつ、いつでも投資ができますし、おろすこともできます。しかもネット銀行よりも高金利です。証券口座に入金すれば、自動的にMRFに投資されますので運用の手間をかけることもありません。

「株を買いたいけど、今は買うタイミングを待っている時」や、「リスクをとらずに、銀行の普通預金よりも少しいい金利が欲しい時」に使うと便利です!MRFは銀行に普通預金を預けるような感覚で、証券会社の口座に入金するイメージです。

■MRFの特徴

  • 安全性や安定性が極めて高い債券を中心とした投資先です。
  • 1円単位でいつでもお金の出し入れができます。
  • MRFの状態から他の株や投資信託などの買い付けができます。
  • 投資信託になっているため、利回りは変動します。
  • 銀行の普通預金よりも金利が高くなっています。

■MRFの運用イメージ

証券口座に入金すれば、自動的にMRFで運用されます。

MRFイメージ

■MRFを取り扱う証券会社の比較

多くの証券会社が取り扱っていますので、ここでは一部の証券会社を比較紹介します。

MRFの種類 MRFの金利 取り扱い証券会社
日興MRF 0% マネックス証券
ダイワMRF 0% 大和証券楽天証券

(2017年7月4日現在 過去1週間の平均利回り)