MMF

MRFより高い利回りが期待できる

MMFは、現在取り扱いがありません。

※MHAMのMMFは2016年7月29日に繰上償還(信託終了)をおこないました。

※野村MMFは2016年8月末に繰上償還(信託終了)をおこないました。

MMFとは、マネーマネジメントファンドMoney Management Fund)の略で、極めて安全性の高い債券を中心に投資信託として運用しています。運用方法などMRFと基本的に同じしくみになっていて、申し込み手数料や解約手数料は一切無料となっています。

MRFとの大きな違いは、MMFは『30日以内に解約すると手数料がかかってしまうこと』と、『MRFよりも高金利が期待できること』です。申し込みも証券会社からかんたんにできます。

■MMFの特徴

  • 安全性や安定性が極めて高い債券を中心とした投資先です。
  • 1円単位30日以上運用すれば、いつでもお金の出入れができます。
  • 30日未満にMMFを解約したい場合には、
    10,000口あたり10円の手数料(約0.1%)がかかってしまいます。
  • 投資信託になっているため、利回りは変動します。
  • 銀行の普通預金よりも金利が高くなっています。

■MMFの運用イメージ

証券口座に入金すると、自動的にMRFで運用されます。そのMRFの状態からMMFの申し込み(購入)をすればOKです!MMFで30日以上運用をすれば、手数料無料で引き出しができます。

MMFイメージ

・MMFの買い方(例:SBI証券
証券口座にログイン後、メニューバーから「投信」→「MMF」→「金額買い付け」の順にクリックし、「購入金額」を入力後、「注文発注」をクリックする。

■MMFを取り扱う証券会社の比較(※2016年8月現在、取り扱いはありません)

多くの証券会社が取り扱っていますので、ここでは一部の証券会社を比較紹介します。

MMFの種類 MMFの金利 取り扱い証券会社
野村MMF 0% SBI証券
みずほMMF 0% 楽天証券マネックス証券

(2016年8月4日現在 過去1週間の平均利回り)

外貨MMFをお探しの方はこちらをご参考ください。