PC表示スマホ表示

 ソニー銀行を徹底比較します

~基礎からわかる株式投資~

【ソニー銀行の強み】
・提携ATMが豊富で、全国で約90,000台のATMで利用できる。
・ATMの入出金手数料0円が多い。
・セキュリティ対策として「ワンタイムパスワード」を採用している。

証券会社の選び方
 ・楽天証券
 ・マネックス証券
 ・松井証券
 ・カブドットコム証券
 ・GMOクリック証券
 ・ライブスター証券
 ・SBI証券
 ・SMBC日興証券
 ・むさし証券
 ・大和証券
 ・東海東京証券
 ・岡三オンライン証券
 ・フィデリティ証券
 ・内藤証券
 ・岩井コスモ証券
 ・立花証券
 ・エイチエス証券
 ・マネーパートナーズ
 ◆ソニー銀行 

ソニー銀行の公式サイトへ

ソニー銀行

使えるATMが豊富で、入出金手数料0円が多い!



ソニー銀行はATM手数料0円


 ソニー銀行は、「日経金融機関ランキング」の顧客満足度で8年連続の首位を誇っている、ネット銀行界の草分け的存在です!人気の理由は、「無料で使えるATMの数が多い」、「セキュリティ対策がしっかりしている」、「預金商品や住宅ローンなどのサービスが充実している」など、顧客のニーズにあったサービスを提供しているところです。外貨預金は、ネット銀行の中でも最多の12通貨を取り扱っています。24時間常にリアルタイムで為替レートを表示しているおり、手数料も低水準で高金利なところに支持が集まっています。

 

そもそも「ネット銀行」とは?
 ネット銀行とは、基本的に対面の店舗を持たず、インターネット上での取引を中心とする銀行のことです。“ネット銀行”と聞くと、「実店舗の無いところへ大事なお金を預けるのは怖い」とか、「ネットで預けたお金はどこから引き出せるの?」という疑問が生まれるかもしれません。ですが、不安になることはありません。
 
 実店舗を持たないことでコスト削減となり、預金の金利が高くなったり入出金などの手数料が安くなります。また、パソコンやスマホなどを使って好きなときに振り込みができたり、ネット上で残高を確認できたりと使いやすさは抜群です。



ソニー銀行の預金金利の代表例

円定期預金 普通預金…0.001%

1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年
0.010% 0.010% 0.180% 0.180%
※1万円以上、100万円未満の場合



外貨預金金利(米ドル) 普通預金…0.10% 為替手数料(片道)…0.15円

1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年
0.300% 0.500% 0.800% 0.800%
※10,000米ドル未満の場合



外貨預金金利(ユーロ) 普通預金…0.001% 為替手数料(片道)…0.15円

1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年
0.001% 0.001% 0.001% 0.001%
※10,000ユーロ未満の場合

(※上記は2017年1月6日現在の金利です)



ソニー銀行は全国で約90,000台のATMで利用できます!
 ソニー銀行の口座を使えるATMは他行とくらべてかなり多く、全国のコンビニやスーパーなどに設置されている約90,000台のATMで利用できます!ここまで多くのATMが使えるのも珍しいのではないでしょうか。これだけあれば、買い物中や旅行中などでも、いざという時にすぐに引き出せて便利ですね。


 代表的なのは、セブン-イレブンやイトーヨーカドーに入っている「セブン銀行」や、イオンやミニストップに入っている「イオン銀行」などです。メジャーなATMに対応しているのも嬉しいです。



ATMの入出金手数料が365日0円
 下の表を見ると分かりますが、セブン銀行とイオン銀行のATMなら、365日24時間何度お金を引き出しても手数料が無料です!もちろん預け入れも無料です。(※毎週日曜日21時~7時は取り扱いしていないのでご注意ください)。これが利用者にとって一番身近に感じられるメリットではないでしょうか。

ソニー銀行の提携ATMの手数料一覧



 例えば、セブン銀行のATMで「三菱東京UFJ銀行口座」のお金を引き出そうとすると、108円~216円かかります。平日の“8時45分~18時”以外はすべて216円かかるので、仮に夜3回お金をおろすだけで月額648円のコストがかかってしまいます。年間だと7,776円を無駄に支払っていることになり、ソニー銀行に変えるだけでこの無駄なコストが0円になります。さらに、その他の「ローソンATM」や「ゆうちょ銀行ATM」などでも月4回までは出金が無料になるので、ほとんどの人が手数料を支払わずに済みます。

ATM時間外手数料なし



セキュリティ対策も万全!「ワンタイムパスワード(トークン)」の魅力
 「ワンタイムパスワード」とは、取引などをする際に1度だけ有効な使い捨てのパスワードです。下の画像にある「トークン」という専用の小さな機械の画面に、約30秒ごとに新しいパスワード(ワンタイムパスワード)が表示されます。1度使ったワンタイムパスワードは無効になるので、誰かに見られたりパスワードを盗まれて悪用される心配がありません。パスワードを覚えておく必要がないので、よくパスワードを忘れるという方にもおすすめです。

ワンタイムパスワード生成器(トークン)


 じゃあ「ATMでお金を引き出す時もトークンが必要なのか?」というと、そんなことはありません。トークンは振り込みや登録情報の変更など、重要な取引の時にだけ使います。本人確認の認証パスワードという位置づけです。なので、普段ATMで入出金をする場合は、他の銀行と同じように、あらかじめご自身で設定したパスワードが使うことができます。さらに、ATMで入出金をおこなうと、あらかじめ登録したメールアドレスに自動で通知を送る設定もできます。この仕組みにより、万が一不正な取引があったとしてもすぐに分かるので、早めの対応ができます。トークンは発行手数料や月額利用料金などの料金が一切発生しません。完全無料で利用できます。



「おまかせ入金サービス」が無料で使えて便利!
 おまかせ入金サービスとは、一度設定するだけで、毎月決まった金額をご自身の各金融機関からソニー銀行の円普通預金口座へ自動で入金するサービスです。手数料無料で利用できる点がうれしいです。


 使い方は、例えばソニー銀行の口座を家賃や光熱費などの引き落とし口座にする、定期積立用にする、毎月の住宅ローンの返済に使うなどがあります。毎月5日または27日に、ご自身の指定した金融機関から引き落とされ、引落日の4営業日後にソニー銀行口座へ入金されます。

おまかせ入金サービス



住宅ローンの金利が業界最低水準
 ソニー銀行は住宅ローンにも強く、変動金利、固定金利共に金利は業界最低水準となっています。その他の特徴は、金利発表が半月前にされるので、金利タイプの変更(固定から変動へ、変動から固定へ)をするときも、今月と翌月をじっくり比較してから決めることができます。金利、手数料、特徴などをもっと詳しく知りたい方は、グループサイト「やさしい住宅ローン比較ガイド」、ソニー銀行宅ローンの紹介ページをご覧ください。


外貨預金の種類がネット銀行最多の12種類
 外貨預金はネット銀行で最多の12種類を取り扱い、24時間リアルタイムで表示されているので機動的な取引が行えます。この仕組みは今では当たり前になりましたが、先駆けとなったのがソニー銀行です。全体的に金利は高く、為替手数料も低めに抑えられていますが、トップと比べるとやや劣る場合もあります。ただ、ソニー銀行の口座を持っていれば多くの外貨を取引できるので、どこか1つの口座で管理・取引したいという方にはおすすめです。

<選べる12種類の通貨一覧>

ソニー銀行で取引できる外貨預金



安心のサポートサービス
 相談したいことがあれば、コールセンターに電話をかけることができます。ソニー銀行は電話対応の評判が良く、相談できる時間帯が平日だと9時~23時まで可能で、他のネット銀行と比べても長いのが特徴です。通常は19時とか20時に閉まってしまうので、仕事の終わる時間が遅い方にも安心のサポート制度です。


キャンペーン情報
 現在、キャンペーンはおこなっておりません。



注)銀行のサービスは日々変化しておりますので、公式サイトにて詳細をご確認ください。