マネックス証券の公式サイトへ

マネックス証券

初心者にもやさしい手数料体系!

マネックス証券のキャンペーン

マネックス証券の手数料は、約定代金10万円以下なら100円(税抜)と、株取引をこれから始める方にもやさしい手数料体系です!

マネックス証券の特長は、リアルタイムで株価情報がわかるツールマーケットボード(デイトレにも使えます!)と、あらかじめ株価が指定した価格以下になったら「売り」、指定した価格以上になったら「買い」という注文方法がとれる逆指値注文が便利なツールです。また、IPOの取り扱い数が多く、公平抽選なので当選の期待も高いです!

米国株(特定口座に対応)サービスにも力を入れているほか、スマホアプリ(マネックストレーダースマートフォン)による取引もでき、より一層サービスが充実しています。

さらに、「MONEX ONE(無料)」が大変便利で、他の証券会社や銀行に預けてある資産も一括管理ができてしまうんです。これは、かなりすぐれものです!

未成年の方口座開設ができます!

10万円以下の手数料はなんと100円(税抜)です!

他社の主要なネット証券と比較しても、安い手数料体系です!

マネックス証券の株式売買手数料

(画像をクリックすると、詳細ページが開きます)

マーケットボードがなんと無料です!

株価のことならマーケットボードサンプル画面)にすべておまかせです。その日のリアルタイムな株価情報、売り気配、買い気配、出来高など、株価についての詳しい動きすべてが手に取るようにわかります。むずかしい手順はなく、ただ銘柄コードを入れるだけです。最大で100銘柄まで登録できます。また無料ですので、口座さえ開いていればどなたでも利用できます。この機能には、本当にいつもお世話になっていますので、みなさんにもおすすめできます!

追記:テクニカルな分析もできるようになりました!
(信用残・乖離率・RSI・ボリンジャーバンド・サイコロジカル・MACD等)

■圧倒的な機能性を誇る「トレードステーション」が無料で使えます!

米国で数々の最高評価を得た、デイトレーダー向けのトレードツール「トレードステーション」が、日本でも使えるようになりました!チャート表示機能では、複数のチャートと板を同時に表示できるので、画面の切り替え作業を省くことができます。 また、注文を発注する際は、複数の板注文を同時に表示できます。 他にも高機能なツールがありますが、すべて無料で使えるということに驚きです…。

トレードステーション利用口座を開設すると、取引手数料が2ヶ月間無料になるキャンペーン実施中!(~11月30日まで)

携帯電話・スマートフォン(iPhone、Android)でもバッチリ取引できます!(リアルタイム株価自動更新サービス付) NEW機能です!

スマートフォンアプリでの取引が増えていますが、マネックス証券のスマートフォンアプリはチャートが見やすいと評判です。株式・FXの高機能トレーディングアプリや、保有資産の分析をするアプリなど、便利なツールを豊富に用意しています。

貸株サービスでさらに稼ぐことができます。

マネックス証券では、貸株(かしかぶ)という制度があります。これは銀行の預貯金のように、株を証券会社に預けることをいいます。2015年7月の実績では利回りが0.1~0.5%だったようです。株の値上がり益で稼ぎつつ、さらに貸株でも稼げたらいうことなしですよね。

貸株は株価上昇や配当金以外にプラスして利回りを稼ぐチャンスです。貸株金利0.3%ということは…(例えば、100万円分の株を買って1年間保有すれば3,000円〔=100万円×0.3%〕の利益がでます。マネックス証券は、売買手数料が他社よりやや高めではありますが、中長期保有していれば貸株でおつりが返ってくる証券会社です。) →貸株サービスの具体的な手続き方法

ワン株(ミニ株)を取り扱っています。

マネックス証券は、ワン株(ミニ株)を取り扱っています。『ワン株』というのは、“1株”から売買できる初心者にやさしい株取引です。通常は1単元の株を買わなければ取引できませんが、ワン株を利用することによって、少ない金額から株を始められます。売買手数料は、約定代金の0.5%(最低手数料48円)(税抜)となっています。10,000円の取引をした場合は、手数料は52円ですね。→ワン株について(マネックス証券)

逆指値注文で取引の幅が広がります。

逆指値注文は、普通の指値注文と逆の注文を出すことができます。例えば、株をすでに持っているとします。今の株価が1,000円であるとして、900円(-100円)まで下がったら自動的に売りを成立させるというものです。はじめから損切りラインを設定できることにより、取れるリスクの幅を調整できるというすぐれものです。携帯電話からも逆指値注文ができるのは大きいです。もちろん普通の指値注文もできます(参考:逆指値注文の解説)。

マネックスポイントで商品と交換できます。

マネックスポイントは、株の取引や、投資信託の購入・保有に応じてたまっていきます。ポイントがたまった日の翌々年度末(3月31日)が有効期限ですが、株の手数料や各種ポイント、書籍などの商品と交換できます。

追記:マネックスポイントを「売買手数料」にあてられるようになりました。

米国株投資はネット証券の中でも最も進んでいます。

日本でも話題の「アマゾン」や「グーグル」などの米国株を買うなら、マネックス証券がスペックが一番いいです。売買手数料も最安値(最低5.25ドル~=約530円)ですし、米国株の取扱銘柄数も約3,400と最高水準です。

米国株の買い方 - アマゾン株購入方法 - グーグル株購入方法 - フェイスブック株購入方法 - アップル株購入方法

IPO当選の近道です。

マネックス証券は、ネット証券の中でもIPO当選に一番近い証券会社だと思います。(参考:IPOの解説)その理由は、割り当てを受けることが多く、かつ、「1人1票の完全平等な抽選(投資金額・取引実績等関係なしで、人の手が入っていない機械による抽選)が受けられるからです!→さらに詳しくIPOをチェック!

キャンペーン情報

マネックス証券で新規に口座開設をして、投資信託やFXの取引をすると、合わせて最大で 51,000円がもれなくプレゼントされます♪(~12月29日まで)

マネックス証券のキャンペーン

未成年の方も口座開設できます。

マネックス証券は未成年の方にも投資教育をしているなど力を入れており、未成年(20歳未満)の方も、口座を開設できます。2016年4月からはじまったジュニアNISAにも使えますので、非課税の投資枠を増やしたい方にもおすすめです!
※未成年の方が口座開設をするには、親権者の口座開設および同意書が必要です。

マネックス証券に取材をさせていただきました!

マネックス証券は、『これまで投資とはまったく無縁だったようなの方にも、投資の重要性を理解していただこう』と地道に努力されている証券会社です。このインタビューをご覧になれば、マネックス証券の目指す方向性がよくわかると思います。

マネックス証券 山岸さん、西尾さんへのインタビュー(第4弾! 2015/3)
マネックス証券 豊嶋斉さんへのインタビュー(第3弾! 2012/12)
マネックス証券 内藤忍さんへのインタビュー(第2弾! 2010/10)
マネックス証券 内藤忍さんへのインタビュー(第1弾! 2008/7)

「スタート信用」でリスクを抑えた信用取引を体験できます。

初心者でもリスクを取りすぎる心配のない、「スタート信用」というサービスが始まりました。通常の信用取引と違うところは、

①買建のみ(空売りはできない)

②500万円までの制限(買い過ぎを防ぐ)

③みまもるくん付(自動決済サービス)

はじめて信用取引にチャレンジする方にはよさそうですね。
スタート信用とは申し込み信用買い決済

マネックス証券を使った株取引のサポートページ

証券会社の使い方が不慣れな方のために、資料請求から株の売買までサポートページを作成しました。わかりにくいところがございましたら、ご覧になってください。

目次資料請求口座開設入金買い注文売り注文出金

取り扱い商品一覧

ミニ株MRF外貨MMF新規公開株(IPO)海外ETF米国株・中国株・国債・積立投資信託・インド株投資信託

注)証券会社のサービスは日々変化しておりますので、公式サイトにて詳細をご確認ください。