SMBC日興証券のキャンペーン情報

最大10万円プレゼント!SMBC日興証券の信用取引キャンペーンを紹介

SMBC日興証券のキャンペーン

SMBC日興証券が、3月・4月それぞれの信用取引建玉金額に応じて、抽選で各月440名(合計880名)に、最大10万円をプレゼントするキャンペーンを始めました!(ダイレクトコースの日興イージートレード信用取引が対象)。

SMBC日興証券は、2011年からネット証券で初めて信用取引の売買手数料完全無料化をおこなった証券会社です。逆日歩が発生しない優待クロス取引もできることから、優待狙いの投資家からも絶大な人気があります。今回、新規の方もすでに信用取引をされている方も、よりお得に取引できるチャンスです。キャンペーン内容をくわしく見ていきましょう!

SMBC日興証券の詳細情報はこちらをご覧ください

キャンペーン詳細

キャンペーン詳細

上の表が、今回のキャンペーンでもらえる金額と、キャンペーン対象条件の詳細です。例として、4等のキャンペーン内容を見てみましょう。プレゼント内容は、「建玉金額平均」が50万円以上の方に、300名限定で現金1,000円をプレゼントするというものです。

建玉金額平均とは、3月の場合、「3月1日~31日までのダイレクトコースで保有している建玉金額を合計して、31日分で割った金額」です(土日祝日は前営業日の建玉金額になります)。注意点は、対象期間である「3月1日」からカウントされますので、持っていない期間は0円とみなされて計算されます。

続いて、「抽選口数」は、50万円ごとに1口となっています。つまり、建玉金額平均が100万円になれば、抽選権が2つもらえ、建玉金額平均が150万円になれば、抽選権が3つもらえるということです。

最後に、「月末建玉金額で当選確率アップ」を見ると、50万円以上で抽選口数が2倍と書かれています。これは4等の場合、建玉金額平均が50万円以上かつ、最後の日(月末)に建玉金額が50万円以上あれば、抽選口数が2倍になるという特典です。ただ、ここは少し複雑なので、公式サイトに載っていた例をもとに、下記で一つずつ見ていきます。

(例)建玉平均2,200万円の場合

建玉平均2,200万円の抽選口数

上の表は、建玉金額平均が2,200万円だった場合、何等にどれだけの抽選口数がもらえるかをまとめたものです。左列の「月末時点の信用建玉金額が200万円」で解説していきます。上から順に見ると、建玉金額平均が1,000万円を超えているので、2等の抽選対象となります。抽選口数が「1,000万円ごとに1口」とありますので、合計2口(2,200万円÷1,000万円=2.2口)もらえます。

3等(250万円以上)は、抽選口数が「250万円ごとに1口」ですので、合計8口もらえます(2,200万円÷250万円=8.8口)。

4等(50万円以上)は、抽選口数は「50万円ごとに1口」ですので、合計44口(2,200万円÷50万円=44口)もらえます。さらに、当選確率アップ条件の「月末建玉金額が50万円以上で抽選口数が2倍」が適用されますので、44口×2倍=88口がもらえます。

まとめ

今回のキャンペーンは、信用取引を早く始めれば、それだけ条件達成もかんたんになります。SMBC日興証券は、信用取引の売買手数料が無料なだけでなく、現引・現渡の手数料も無料です。また、逆日歩のかからない一般信用売建の取扱銘柄数は約2,000銘柄(2020年2月現在)もありますので、お得に優待を手に入れるクロス取引をする際に重宝します。信用取引や株主優待に興味のある方は、このキャンペーンをきっかけにSMBC日興証券で始めてみてはいかがでしょうか?

SMBC日興証券に口座開設