口座開設などで、もれなく1,000円プレゼント♪→楽天証券の公式サイトへ

楽天証券

バランスの取れた使いやすい証券会社!

楽天証券のタイアップキャンペーン

↑当サイト経由で申し込むと、通常キャンペーンに加えて、1,000円をプレゼント!

楽天証券は、三木谷浩史社長の“楽天”系列の証券会社です。楽天証券は、『手数料が安い』、『情報ツールがしっかりしている』、『投資信託(詳細解説)や海外投資(海外ETF)に力を入れている』など、総合的にバランスが取れて使いやすい証券会社です。株式投資の初心者の方にもやさしいサービスを豊富に取り揃えていますので、まず口座開設しておきたい証券会社の一つです。最近はIPOの取り扱いも増えてきており、当選もしました!(当選画面)。

気になる売買手数料は、国内株式(現物)の売買手数料を大幅値下げで10万円までの取引は139円(税抜)と、割安な水準を打ち出しています。かなりお得な料金体系になっていますね♪さらに、2016年5月2日に超割コースの手数料改定があり、20万円以上の取引がすべてお得になりました!また、株取引や投資信託をすると最大で166,200円分の楽天ポイント(うち1,000円分は現金)がもらえるお得なキャンペーンも実施中です!

また、楽天証券の顔とも言えるマーケットスピード使うところまでの解説)で、リアルタイムの株価チェックができますし、株価の変動がわかりやすいテクニカルチャートも利用できます。サラリーマンの強い見方、逆指値注文も使用可能となりました。

楽天証券を使った株取引のサポートページ

証券会社の使い方が不慣れな方のために、楽天証券での資料請求から株の売買まで、画像を使ったサポートページを作成しました。下記リンクより、それぞれの手順をご覧になってください。

基本編
目次資料請求口座開設入金買い注文売り注文出金
応用編
銘柄選び株価チャートマーケットスピード(基礎)マーケットスピード(実践)投資信託積立投資信託海外ETF外貨MMF中国株オンラインセミナー(無料)

■『超割コース』の手数料値下げで、20万円以上の取引がお得になりました。

2016年5月2日に超割コースの値下げが発表され、どなたにもお得なコースに生まれ変わりました!超割コースは1回の約定代金に手数料がかかるコースで、ワンショットコースよりも無条件で手数料が安くなります(約定代金20万円以下はワンショットコースと同じ手数料です)。

さらに、国内株式取引をはじめ、投資信託や海外株式の取引手数料の1%がキャッシュバックされます(小数点以下は切り上げ)。

<“超割コース”と“ワンショットコース”の手数料比較(税抜)>

 
超割コースとワンショットコースの手数料比較

■『いちにち定額コース』で手数料に縛られない取引ができます。

一日定額コースは、少額の取引で頻繁に売買する方に、注目の内容です。何度取引しても、約定代金の合計に手数料がかかりますので効率的なコースです。

片道分の取引手数料(デイトレード片道分)が無料ですから、その日のうちに売ってしまう場合は、実質的表示されている手数料の半額になります。(もちろんのことですが、取引しなかった日は手数料は発生しません。)

<いちにち定額コース(税抜)>
1日すべての
約定代金合計
現物取引&
信用取引合計
日計り取引
(デイトレード片道分)
50万円まで 429円 / 1日 無料
100万円まで 858円 / 1日
200万円まで 2,000円 / 1日
300万円まで 3,000円 / 1日

※以降100万円増えるごとに1,050円追加になります。

信用取引格安です。

料金大幅改定で、30万円までの取引は250円30万円以上450円です!取り組みやすい手数料となりました(いずれも税抜)。

逆指値注文で取引の幅が広がります。

逆指値注文というのは、普通の指値注文と逆の注文のことです。

例えば、まずはじめに、株を持っているとします。今の株価が1,000円であるとして、もしも900円(-100円)まで下がったら自動的に売りを成立させるというものです。この方法は逆指値注文でしかできません。逆指値注文を出しておくことにより、あらかじめ損切りラインを設定できることになります。(もちろん、普通の指値注文もできます。)

これにより、リスクの幅を自分で調整できます。サラリーマンの方など普段株価の変動を見られない方におすすめです。

情報ツールが充実しています。

楽天証券といえば、何と言ってもマーケットスピード使うところまでの解説)です。マーケットスピードはクリックなしで株価が自動更新されるので、手動で更新する手間が全くかかりません。また、情報が早いのでデイトレードにも相性がよく、投資家の間でも重宝されています。

海外への投資も可能です。

楽天証券は、中国株・米国株にも力を入れています。中国株か米国株の片方だけ取り扱っている証券会社は数多くありますが、両方取り扱っている証券会社は楽天証券だけです。インド株投資信託海外ETFも取り扱っているので、海外投資に興味がある方には特におすすめです。

■株初心者向けセミナーにも力を入れています。

楽天証券は、株初心者向けセミナーにも力を入れています。口座開設さえしていれば、無料で参加できるチャンスがあります。毎月おこなわれていて、ネット上のセミナーにも参加できます。(応募者が多いと抽選になることもあります)。

大手銀行の100倍の金利「マネーブリッジ」

マネーブリッジの普通預金の金利は0.10%です(大手銀行の普通預金の金利は0.001%なので、100倍の差があります)。申し込み方法はかんたんで、楽天証券楽天銀行の両方に口座を作って、こちらからマネーブリッジに申し込むだけです。

マネーブリッジ

利率0.10%では、“すずめの涙”のような金利ですが、普通預金は意外にもマイルドなインフレ(物価上昇)にも対応できる資産です。将来の利率アップを見据えて、投資用として使わないお金をプールしておくには便利な方法だと思います。

キャンペーン情報

当サイト限定キャンペーン

楽天証券楽天銀行に口座開設し、マネーブリッジの設定をすると、現金1,000円をプレゼント!(~6月1日まで)

※さらに、投信買付やFX取引をすると、最大で166,200ポイント166,200円分)をもれなくプレゼント中です!(~5月31日まで)

楽天証券のタイアップキャンペーン

楽天証券に取材をさせていただきました!

楽天証券は、楽天グループの強みをうまく生かしている証券会社です。楽天銀行やクレジットカードなどを巻き込んで経済圏を構築しています。その中で、証券業界のリーダーとして、新しいものに挑戦していく姿勢がうかがえます。このインタビューをご覧になると、そのあたりの楽天証券の目指すところがよくわかります。

【楽天証券】 マーケティング部の幸崎さん、外国株式事業部の新井さん、投信債券事業部の佐藤さんへのインタビュー

楽天証券 取り扱い商品一覧

MRFMMF外貨MMF・投資信託(インド株投信含む)・新規公開株(IPO)海外ETF・中国株・米国株・外国債券・外国為替証拠金取引(楽天FX)・先物取引

注)証券会社のサービスは日々変化しておりますので、さらに詳しい情報は、公式サイトにてご確認ください。